エアウィーヴマットレスの上に敷布団を敷いても良い?

エアウィーヴマットレスの上に敷布団を敷いても良い?アイキャッチ画像

エアウィーヴは敷布団のように1枚で使うことができるマットレスです。

マットレスを汚さないために上に敷布団を敷いて使うという人は意外と多いのですが、これは実際の所はどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、マットレスの上に敷布団を敷いたほうが良いのかどうかをご説明しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マットレスのタイプ

マットレスにはいくつかのタイプがありますが、基本的にはマットレスが敷布団の役割りを果たすため、その上に敷布団を敷く必要はありません。

しかし、敷布団をマットレスの上に敷けば汚れや汗がマットレスに届かないから清潔な状態を保つことができると考える人はたくさんいます。

確かに、汚れや汗がマットレスにつかないという点では、マットレスの表面に直接寝るよりもいろいろなアイテムを重ねて敷いたほうが有効なのですが、マットレスの上に敷布団を敷くことによって健康面でマイナスの影響が出てしまうリスクが高まります。

どんな風に健康に悪いの?

マットレスの上に敷布団を敷いて使うことは、エアウィーヴでは推奨されていませんし、他のメーカーでも推奨されている所は少ないです。

マットレスのタイプによっては、上に敷布団を敷くことを前提としたものもありますが、エアウィーヴのように快適さを追求した機能的なマットレスの場合には、敷布団を上に敷くと体の沈み方や体圧の分散の面で理想的な状態ではなくなってしまうことがあるため、おススメではないのです。

また、高温多湿でカビなどが生えやすい日本の住宅事情では、マットレスの上に敷布団を敷くことによって、カビが生えやすい状況を作ることにもなってしまいます。

エアウィーヴのようなマットレスは抗菌加工や抗ダニ加工がされていますが、その上に敷く布団は決してそうした加工がされているとは限りませんよね。

そのため、気づいたら敷布団とマットレスの間にカビが生えていたという事態にもなりかねません。

マットレスと相性が良いアイテムはコレ

エアウィーヴのようなマットレスは、敷布団として使うことを前提としているので、別の敷布団と重ねて使うことはおすすめではありません。

敷布団との相性は良くありませんが、他に併用するとマットレスの寿命を長くしてくれるようなアイテムはたくさんあり、そうしたものと合わせて使うことによって、より快適に眠れますし、マットレスも長く良い状態を維持できるようになります。

マットレスと相性が良いのは、除湿シートです。

これはマットレスの下に敷いて使うアイテムで、エアコンなどを使わずに湿度が高い時にも窓を開けて眠ることが好きな人や、汗を多くかく人には一押しのアイテムです。

また、マットレスを床に直置きしている人にもおすすめです。

除湿シートをマットレスの下に挟むことによって、除湿シートが湿気を吸収してくれるので、マットレスにカビが生えにくくなります。

マットレスのカビ対策の一つには、ベッドフレームを使うという方法があります。

エアウィーヴのように敷布団として使えるタイプのマットレスの場合にも、ベッドフレームを使うことによってマットレスと床との距離ができるため、湿気対策として活用できます。

ただし、ベッドフレームを使うことはOKですが、すのこベッドのような簡易的なフレームを使うのは、エアウィーヴではおすすめしません。

その理由は、すのこベッドでは体の沈み方や体圧分散機能にマイナスの影響が出やすくなってしまうためです。

湿気対策という点ではすのこベッドはとても優秀なのですが、マットレスの寿命という点では避けたほうが良いかもしれません。

敷布団と併用しないとマットレスは傷まない?

マットレスの上に敷布団を使っている人は、マットレスだけでは弾力がたりないから快適さをアップするために敷布団を重ねて敷いているという場合と、マットレスが汚れないようにという汚れ対策として敷いている場合とが多いです。

このうち、マットレスだけでは弾力がたりないという人は、エアウィーヴのように敷布団として使えて弾力性も抜群な機能的マットレスを使うことをおすすめします。

汚れ対策として敷布団の重ね敷をしている場合には、敷布団を重ねるのではなく、マットレスプロテクターとか敷パッド、シーツなどの周辺アイテムを使うことによって、マットレスを汚れから守ってあげるのが良いでしょう。

まとめ

マットレスの中には、敷布団を重ねて敷いても機能的に問題がないものがありますが、エアウィーヴのように敷布団として使うタイプのものは、マットレスと敷布団を重ねて敷くことはおすすめではありません。

重ねて使うと、体の沈み方や体圧分散に影響があり、朝起きた時に腰が痛いという事態になるリスクが高まります。注意してください。

汚れ対策なら、除湿シートやマットレスプロテクター、敷きパッドなどを使うのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク