エアウィーヴとエアツリー比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴもエアツリーアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、新陽トレーディングのマットレス『エアツリー』を比較しました。

エアウィーヴもエアツリーも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・エアツリーそれぞれの特徴

エアウィーヴとエアツリーの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとエアツリーの素材

まずエアウィーヴとエアツリーの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、3次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

エアツリー

エアツリーは、独自構造のエアツリーカッティングを施したウレタンフォームのマットレスです。

エアツリーカッティングとは、凸凹した構造が体にフィットすることで体圧を分散し、理想の寝姿勢に整えてくれるものです。

さらに通気性を確保するために、オープンセル構造・エアースルー構造を採用、寝ている間に放出された熱や湿気を効率的に排出して、いつでも快適な寝心地をサポートしてくれます。

エアウィーヴの高反発素材はエアファイバー、エアツリーの高反発素材はウレタンフォームで、同じ高反発でも素材が全く違います。

一般的にファイバーと呼ばれる繊維状の高反発の方が、ウレタンより手入れがしやすく持ちがよい、といわれています。

ですがウレタンも、こまめに通気してあげれば、快適な寝心地をキープすることが可能です。

同じ高反発でも、繊維系の方が硬め、ウレタン系の方がソフトであることをふまえて、好みの素材を選んでみてください。

サイズ

エアウィーヴとエアツリーのサイズ

エアウィーヴ『四季布団』と、『エアツリー』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

新陽トレーディング『エアツリー』

幅97cm×長さ195cm×厚さ8cm

サイズラインナップはシングルのみとなります。

エアウィーヴの方がエアツリーよりも約3cmだけ、幅にゆとりがあります。

イメージとしては、エアウィーヴは敷布団に近く、エアツリーの方がマットレスに近い印象です。

長さや厚さに違いはほぼないので、好みの形状を選んでみてはいかがでしょうか。

値段

エアウィーヴとエアツリーの値段

エアウィーヴとエアツリーの値段の比較です。

 エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は73,000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

エアツリー

エアツリーの通常価格は59,800円です。

ただ、期間限定(2018年8月31日まで)となりますが、公式ホームページで特別価格の27,593円(税抜)で販売されています。

さらに、枕とシーツもついてくるので、このキャンペーンを利用すればかなりお得にエアツリーのセットを手に入れることができます!

お値段に関しては、通常価格で比較してもエアツリーの方がエアウィーヴより断然安いです。

「どうしてもファイバーの高反発がいい!」という確固たるこだわりがなければ、エアツリーを選ぶ方がコスパはよいといえるでしょう。

エアウィーヴとエアツリーそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴとエアツリーの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

エアツリー

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとエアツリーの腰痛

腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

四季布団は、高反発素材エアファイバーが全体8cmのうち約3.5cm、あとは中綿なので、一般的なファイバー系高反発マットレスと比べるとソフトな印象です。

エアツリーは、中材のウレタンそのものが高反発仕様となっています。

ウレタンの高反発は、適度な硬さがありながらも弾力性があるのが特徴で、それゆえ腰痛もちの方から熱い支持を得ているのです。

ファイバーの感触も布団の寝心地も欲しい人はエアウィーヴ、ウレタンの高反発が好みの人はエアツリーが向いているでしょう。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとエアツリーの首こり肩こり

首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

エアツリーは、現在行われているキャンペーンで購入すれば、NEURON PILLOWという通常8,000円の枕がおまけでついてきます!

マットレス1枚分のお値段で枕もセットでついてくるので大変お得ですが、枕は自分に合った高さや素材を選ぶことが大切なので、エアウィーヴ・エアツリーこだわらずに、いろいろな枕を試してみるとよいかと思います。

不眠

エアウィーヴとエアツリーの不眠

不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

不眠の原因は様々ですが、寝具に求められるのは寝心地です。

一般的に高反発マットレスだと、これまで布団の寝心地と差があればあるほど、その硬さから慣れるまでに時間がかかる人が多いようです。

エアウィーヴは高反発ですが、四季布団に関しては布団の要素が強いため、それほど反発は感じずに寝やすい方だと思います。

エアツリーは、ソフトな高反発が特徴のウレタン製ですが、形状が波なみとした凸凹構造なので慣れるまで戸惑う人もいるようです。

今までごく一般的な布団やマットレスを使っていた人なら、より布団に近いエアウィーヴの方が寝やすいかと思われます。

疲労回復したい人

エアウィーヴとエアツリーの疲労回復

疲労回復したい人には、エアウィーヴがよいでしょう。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使する人たちに愛用されています。

エアツリーは、体圧分散や通気性に優れていることをウリにはしていますが、特にわかりやすい実績などの公表はしていないようです。

よって、睡眠に疲労回復を求める人は、実績のあるエアウィーヴがよいでしょう。

コスパ重視の人

エアウィーヴとエアツリーのコスパ

コスパを重視したい人には、エアツリーがおすすめです。

その理由は、初期費用が安く、保証も1年間ついているからです。

四季布団にも3年保証はありますが、保証の対象は中材のみなので、もしも中綿などに不具合が出てしまっても、それは保証されないのです。

なので、コスパを考えたら本体価格が安く保証もそれなりの、エアツリーの方がお得でしょう。

エアウィーヴとエアツリーの比較まとめ

エアウィーヴとエアツリーを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 反発力、価格とも適度にちょうどよい高反発ウレタンマットレスならエアツリー
  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ

エアウィーヴが人気なのは、その寝心地の良さもありますが、ブランド力やネームバリューによるところも大きく影響しています。

一方のエアツリーは、構造理論やボリュームなど品質には問題ないと思われるものの、信頼のためにもネームバリューがもう少し欲しいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク