エアウィーヴとエアリー比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴもエアリーアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、アイリスオーヤマのマットレス『エアリー マットレス MARS-S シングル』を比較しました。

エアウィーヴもエアリーも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・エアリーそれぞれの特徴

エアウィーヴとエアリーの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとエアリーの素材

まずエアウィーヴとエアリーの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、3次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

エアリー

エアリーは、一流繊維メーカー東洋紡の、エアロキューブという繊維が特徴です。

エアウィーヴと同じように中材はファイバー製で、こちらも3次元スプリング構造をしており、体圧分散をサポートしてくれるマットレスです。

エアロキューブは約95%が空気なので、通気性はもちろん、宙に浮くような感覚で体を支えてくれるのです。

エアウィーヴもエアリーも、ファイバー製の高反発マットレスです。

どちらも3次元構造で体圧分散という理論は同じですが、エアウィーヴは独自素材のエアファイバーを、エアリーは東洋紡のエアロキューブを使用しているという点で違いがあります。

まぁ、素材の違いはいくら理論で説明されても正直よくわからない、というのが本音ですよね。

よって大きく分ければ同じ仲間のファイバー製ではありますが、四季布団はファイバー+中綿であり、エアリーはファイバーのみのマットレスというところに、両者の違いがあります。

ファイバーは水洗いできるという利点がありますが、四季布団の場合、中綿は洗えないのでファイバーだけ取り出して洗うという形になります。

サイズ

エアウィーヴとエアリーのサイズ

エアウィーヴ『四季布団』と、『エアリー』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

アイリスオーヤマ『エアリー MARS-S シングル』

幅約95cm×長さ約198cm×厚さ約5cm

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブルの3種類となります。

なお、より硬めの寝心地を求める方のために、中材であるエアロキューブの密度を高めたエアリープラスマットレスというシリーズもあります。

エアウィーヴの方がエアリーよりも3cm厚みがありますが、中材のファイバーはエアリーの方が1.5cm厚いです。

ということで、よりファイバーを感じられるのはエアリーなんじゃないかと思います。

値段

エアウィーヴとエアリーの値段

エアウィーヴとエアリーの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は73,000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

エアリー

エアリー MARS-S シングルサイズの通常価格は14,800円(税抜)です。

楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどの大手ネット通販サイトでも扱いはありますが、アイリスオーヤマの公式ネットショップ『アイリスプラザ』で買うと、返品保証や明日お届け、送料無料など様々な特典が受けられるようなので、公式ショップから買うことをおすすめします。

値段に関してはエアウィーヴよりもエアリーの方がかなりお得に買うことができます。

厚みでこそエアウィーヴの方が勝りますが、メイン素材のファイバーの厚みだけでいったらエアリーの方がボリュームがあるのに、お値段はエアリーの方が明らかにお得です。

エアウィーヴ1枚分のお値段で、エアリーなら家族5人分を揃えてもなお、お釣りがきちゃいますよ!

エアウィーヴとエアリーそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴとエアリーの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

エアリー

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとエアリー腰痛

腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

四季布団は、高反発素材エアファイバーが全体8cmのうち約3.5cm、あとは中綿なので、腰痛対策の高反発というよりもどちらかというと寝心地の良い布団というイメージです。

その点エアリーは厚みの5cmすべてが、ファイバーです。

よって、ファイバー製マットレスに腰痛対策を期待するのであれば、エアリーの方が良いでしょう。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとエアリー首こり肩こり

首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

エアリーにも、マットレスと同じように3次元スプリング構造のまくらがあります。

高さや反発タイプから選ぶことができ、お値段も6,980円~9,380円(税抜)とリーズナブルです。

枕に関してはメーカーで選ぶより、自分に合った硬さや高さの物を選ぶようにしましょう。

不眠

エアウィーヴとエアリー不眠

不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

不眠の原因は様々ですが、寝具に求められるのは寝心地です。

なかなか寝られない時や、寝てもすぐに目が覚めてしまう時って、なぜかたくさん寝返りしていませんか?

これは、寝姿勢が落ち着かないことも原因の一つだからです。

エアウィーヴは中材こそ高反発ですが、四季布団に関しては布団の要素が強いため、寝姿勢を整えるよりも包み込むような感じになります。

エアリーは高反発ファイバーで寝返りがしやすいというのがウリですが、それ以上も以下も特に目立ったポイントはありません。

よって、寝返りしやすく、かつ布団のソフトな感じを味わえる四季布団の方が、寝つきの悪さを解消するにはいいような気がします。

疲労回復したい人

エアウィーヴとエアリー疲労回復

疲労回復したい人には、エアウィーヴが人気です。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使する人たちに愛用されています。

ただ、四季布団は他のエアウィーヴ製品と少し性質が違い、布団的な要素が強いので、アスリートが使っているものとは仕様が違います。

エアリーは、素材の約95%が空気でできていることから雲の上で寝ているような感覚が体験できますが、これを心地よく感じる人・そうでない人に分かれます。

布団で寝ることになれている私たち日本人には、四季布団の方が落ち着くのではないでしょうか。

コスパ重視の人

エアウィーヴとエアリーコスパ

コスパを重視したい人なら、断然エアリーでしょう。

その理由は、何といっても価格の安さです。

だって、エアウィーヴを1枚買うのと、エアリーを6回買い替えるのがほぼ同じお値段なんですよ!?

一般的な布団の寿命を約10年と考えると、エアウィーヴ1枚分の値段で、エアリーは一生分買い替えることができるんです。

いくら耐久性や復元性に優れているマットレスといっても、やはり新品にはかないません。

定期的に新品の寝心地に戻りたい、というコスパ重視のあなたには、エアリーがおすすめです。

エアウィーヴとエアリーの比較まとめ

エアウィーヴとエアリーを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • コスパ重視で3次元構造のファイバー製マットレスならエアリー
  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ

エアウィーヴが人気なのは、その寝心地の良さもありますが、ブランド力やネームバリューによるところも大きく影響しています。

エアリーも、エアウィーヴと同様のファイバー製マットレスでありながら、そのお値段はかなりリーズナブルです。

ファイバー製マットレスが初めてだったり、いろいろ試してみてやはり厚さ重視だったりするようなら、エアリーを選択肢に入れてみても良いのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク