エアウィーヴとマニフレックス比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴもマニフレックスアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、マニフレックスのマットレス『メッシュ・ウイング』を比較しました。

エアウィーヴもマニフレックスも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・マニフレックスそれぞれの特徴

エアウィーヴとマニフレックスの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとマニフレックスの素材
まずエアウィーヴとマニフレックスの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、3次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

マニフレックス

マニフレックスの独自素材はエリオセルという、次世代高反発フォームです。

最先端かつマニフレックスの基本となる素材で、スプリングを用いずに高い反発力を実現できるのはこのエリオセルの力です。

さらにメッシュウイングは、外カバーにも特徴があります。

通気性や発散性に優れたエアーサーキュレーションメッシュを使用しているので、1年中サラッとした肌触りで快適に眠ることができます。

エアファイバーもエリオセルも、素材は違いますがともに高反発素材で通気性に優れていることが特徴です。

これらの素材は商品そのものの特徴でもあるわけですが、そういった観点から見てみると、エアウィーヴが3.5cmしか使われていないのに対しマニフレックスは11cmの厚さすべてがエリオセルです。

素材の特徴を存分に味わいたいなら、マニフレックスでしょう。

サイズ

エアウィーヴとマニフレックスのサイズ
エアウィーヴ『四季布団』と、マニフレックスの基本タイプ『メッシュ・ウイング』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

マニフレックス『メッシュ・ウイング』

幅97cm×長さ198cm×厚さ11cm

サイズラインナップはセミシングル・シングル・シングルロング・セミダブル・ダブル・クイーンの6種類です。

エアウィーヴは幅はマニフレックスよりゆったりしていますが、長さはマニフレックスの方が長めです。

マニフレックスはシングルサイズだけでも幅違い・長さ違いが3種類あるので、よりそれぞれに合ったシーンごとに使い分けることが可能です。

値段

エアウィーヴとマニフレックスの値段
エアウィーヴとマニフレックスの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は73,000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

マニフレックス

マニフレックスの三つ折り基本タイプであるメッシュ・ウイングの通常価格は31,350円(税抜)です。

メッシュ・ウイングは高級ブランドであるマニフレックス製品の中でも比較的リーズナブルなので、初めて使う人や来客用の予備として購入する人が多いです。

お値段に関しては、マニフレックスはエアウィーヴの約半額で買うことができます。

メイド・イン・イタリアなのに、です。

なるべく布団っぽい使用感を求めるなら四季布団をお勧めしますが、1枚で使えるマットレスで手頃かつ高級感を求めるなら、マニフレックスのメッシュ・ウイングはお買い得といえるのではないでしょうか。

エアウィーヴ・マニフレックスそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴ、マニフレックスの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

マニフレックス

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとマニフレックスの腰痛
腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

四季布団では、高反発素材エアファイバーは約3.5cm内蔵されています。

対して、メッシュ・ウイングはというと、高反発素材エリオセルが惜しみなく100%、つまり11cmの厚さすべてに使われています。

素材からみる高反発具合に関してはマニフレックスが優勢ですが、同じ高反発でも線維系とウレタン系の高反発では寝心地は変わってきます。

このことを踏まえて、腰痛の程度に合わせて比べるのが良いでしょう。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとマニフレックスの首こり肩こり
首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

一方マニフレックスも枕は10種類と充実していて、価格帯は7,800円~26,400円(税抜)となっています。

独自素材のエリオセルを使用したもの以外に、弾力性と復元性に優れた「ロロボール ファイバー」という新素材を使用したものもあります。

枕に関してはマットレスと同一ブランドで選ぶより、自分に合うかどうかを基準にして選ぶのがよいでしょう。

不眠

エアウィーヴとマニフレックスの不眠
不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

不眠の原因は様々ですが、寝具に求められるのは寝心地です。

一般的に高反発マットレスだと、これまで布団の寝心地と差があればあるほど、その硬さから慣れるまでに時間がかかる人が多いようです。

高反発になれている人は最初からマニフレックスでも抵抗はないと思いますが、そうでないなら四季布団の方がソフトな高反発なので寝やすいかと思います。

疲労回復したい人

エアウィーヴとマニフレックスの疲労回復
疲労回復したい人には、私はより高反発のマニフレックスをおすすめします。

マニフレックス愛用者として有名なのは、ドルトムントの香川選手、横浜DeNAベイスターズのラミレス監督やヤクルトスワローズの山田哲人選手、力士である嘉風雅継関などアスリートが中心です。

公式ホームページで嘉風雅継関がまさにメッシュ・ウイングの使用感をレビューされていますが、「空腹でも稽古は出来ますが、寝不足では怖くて土俵に上がれません」という言葉が印象的であり、説得力も感じました。

一方、エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使する人たちに愛用されています。

エアウィーヴも、アスリートやパフォーマーの愛用者が多いですが、残念ながら愛用しているのは四季布団ではないのです。

四季布団かメッシュ・ウイングで購入に悩んでいるなら、疲労回復にはメッシュ・ウイングをおすすめします。

コスパ重視の人

エアウィーヴとマニフレックスのコスパ
コスパを重視したい人には、マニフレックスがよいでしょう。

エアウィーヴの保証は3年、保証期間内なら中材の交換ができます。

エアウィーヴも普通に手厚いとは思いますが、マニフレックスの保証はなんと10年間なんです。

それは、素材にかなりの自信があるという表れでもあります。

コスパに関しては、エアウィーヴより初期費用が安く、かつ保証期間も長いマニフレックスの圧倒的勝利といえるでしょう。

エアウィーヴとマニフレックスの比較まとめ

エアウィーヴとマニフレックスを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 高級イタリアブランドを手ごろな価格で試すならマニフレックス
  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ

マニフレックスは最高峰ラインのマットレスだと数十万円にもなりますが、三つ折りのメッシュ・ウイングならかなりお手頃価格で手に入れることができます。

高級ブランドとは思えないほどかなりお手頃なマットレスなので、メインの他にもう一枚、ストックしておいても良いのではないかと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク