エアウィーヴとエムリリー比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴもエムリリーアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、エムリリーのマットレス『優反発三つ折り8cm』を比較しました。

エアウィーヴもエムリリーも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・エムリリーそれぞれの特徴

エアウィーヴとエムリリーの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズ素材
まずエアウィーヴとエムリリーの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、3次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

エムリリー

エムリリーの特徴は、優反発という柔らかい上層部と反発力の強い下層部の二部構造です。

上層部は柔らかな新素材のスマートフォームという、低反発でも高反発でもない次世代ウレタンフォームです。

体にふんわりと馴染み、人肌のような優しい感触に包まれるような寝心地です。

そして下層部は高反発オープンセルフォームを使用、通気性に優れた素材で空気を確保しつつ、体を下からしっかり支えます。

エアウィーヴが高反発を特徴にしているのに対し、エムリリーは高反発でも低反発でもない独自の優反発が特徴です。

素材も寝心地も全く違うので、しっかりした寝心地が好きならエアウィーヴ、ふんわりした寝心地が好きならエムリリーを選ぶとよいでしょう。

サイズ

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズサイズ
エアウィーヴ『四季布団』と、エムリリーの『優反発三つ折り8cm』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

エムリリー『優反発三つ折り8cm』

幅約97×長さ195×高さ8cm

サイズラインナップはセミシングル・シングル・セミダブル・ダブルの4種類です。

エアウィーヴとエムリリーは、長さと高さは同じです。

幅に関してはエアウィーヴの四季布団の方が、若干ゆったり目にできていますが、サイズ感として両者にそれほどの差はないといえるでしょう。

値段

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズ値段
エアウィーヴとエムリリーの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は73,000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

エムリリー

エムリリーの優反発三つ折り8cmの通常価格は24,980円(税抜)です。

優反発シリーズには他に5cmと11cmがあり、それぞれシングルで17,980円(税抜)、29,980円(税抜)となります。

5cmはマットレスや布団の上に敷くタイプ、8cmはそのまま床に敷いて使えるタイプ、11cmはベッド用マットレスとして使えるタイプです。

8cmと11cmではそれほど値段の差はないので、厚さ重視の人は11cmを選んでもよいのではないでしょうか。

エアウィーヴ・エムリリーそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴ、エムリリーの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

エムリリー

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズ腰痛
腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

四季布団では、高反発素材エアファイバーは約3.5cm内蔵されていますが、残り4.5cmは中綿です。

なので、純粋な高反発を求める人には物足りなさを感じるかもしれません。

一方、エムリリーは優反発という、低反発素材と高反発素材の2種類が組み合わさってできています。

なので一見すると「ちょうどよい硬さなのでは?!」と期待してしまいますが、実際のレビューを見るとどうも低反発よりの寝心地という声が多いのです。

なので、高反発=腰痛に優しいという考えからすると、腰痛向きなのはエアウィーブといえそうです。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズ首こり肩こり
首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

エムリリーの枕は1種類、エアフィールピローというものでお値段14,980円(税抜)です。

こちらも2層構造となっており、チップの量によって高さを調整することができます。

枕に関してはマットレスと同じブランドでそろえるのではなく、自分にあったものを使うのが肩こり改善への近道です。

不眠

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズ不眠
不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

不眠の原因は様々ですが、寝具に求められるのは寝心地です。

エムリリーは体に接する部分に柔らかい優反発素材が、中心から床と接する部分に高反発素材が使われています。

なので体が沈み込み過ぎることなく、程よい包み込まれ感が得られる反面、この低反発特有のねっとりした包み込まれ感が苦手という人もいます。

四季布団は、布団というだけあってソフトな高反発の中にも中綿のふんわり感があり、寝やすいかと思います。

同じ柔らかさでも、布団のソフトな寝心地に慣れている日本人には、エアウィーヴの四季布団が寝やすいのではないかと思います。

疲労回復したい人

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズ疲労回復
疲労回復したい人には、エアウィーヴがよいでしょう。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使するアスリートやパフォーマーたちです。

対して、エムリリーがどのような人たちから愛用されているのかといった情報は周知されていません。

よって、現に実績のあるエアウィーブに信ぴょう性があるとここではジャッジします。

コスパ重視の人

エアウィーヴとエムリリー優反発シリーズコスパ
コスパを重視したい人には、エムリリーがよいでしょう。

エアウィーヴ・エムリリーともに保証は3年、保証期間内なら中材の交換ができます。

保証期間は同じなので、初期費用が約3分の1のエムリリーがお得だといえるのではないでしょうか。

エアウィーヴとエムリリーの比較まとめ

エアウィーヴとエムリリーを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ
  • 低反発のような柔らかい寝心地が好きで3つ折りタイプを探しているならエムリリー

まとめからわかる通り、エアウィーブは「布団のような」、エムリリーは「低反発のような」と、どちらもあいまいな特徴がウリであることに気づかれた方も多いかと思います。

「自分に合うのはこういうタイプ!」と強いこだわりがあれば別ですが、「なんとなくこういう感じがいい」などはっきりしないような方であれば、四季布団やエムリリーという選択肢もアリなのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク