エアウィーヴと昭和西川ムアツ フロアタイプ比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴもムアツアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、昭和西川のマットレス『ムアツ2フォーム』を比較しました。

エアウィーヴもムアツも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・ムアツそれぞれの特徴

エアウィーヴとムアツの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとムアツの素材
まずエアウィーヴとムアツの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、三次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

ムアツ

ムアツの素材はウレタンフォームです。

デコボコとしたタマゴのような突起が体を支えて沈み込みを防ぎ、寝ている間の血流を妨げないように工夫されています。

人気の2フォームは、体を支える上層部と、通気性のよい無膜ウレタンの下層部の2種類のウレタンが組み合わさってできています。

そのため、寝ている間の汗や熱を気にすることなく、快適に眠ることができます。

エアウィーヴとムアツは、エアファイバーとウレタンというまったく違う素材のマットレスなので、当然寝心地も全然違います。

エアウィーヴ製品の中でも、四季布団はわりと反発力は控えめな方です。

そしてムアツも、反発力というより程よい力で体を支えるマットレスです。

なので、高反発を求めている人にはどちらも満足できるとは言い難いのが正直なところです。

サイズ

エアウィーヴとムアツのサイズ
エアウィーヴ『四季布団』と、昭和西川『ムアツ2フォーム90』ともにシングルサイズを比較します。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

昭和西川『ムアツ2フォーム90』

幅91cm×長さ200cm×厚さ8cm

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

エアウィーヴとムアツの厚さは同じですが、幅は四季布団の方が9cm長く、長さはムアツの方が5cm長いです。

四季布団は布団のようにたためますが、ムアツは丸めてマジックテープで留めて収納するところが異なる点です。

値段

エアウィーヴとムアツの値段
エアウィーヴとムアツの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで8,3000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は7,3000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

ムアツ2フォーム

ムアツ2フォームは90、100、110の3種類あり、お値段それぞれ38,000円、55,000円、70,000円(税抜)です。

90・100・110はかたさの違いで、数字が大きいほど反発力は強くなります。

また、90は「のべ」とよばれる1枚型のマットレスですが、100と110は三つ折りタイプとなります。

お値段の比較では、ムアツが断然安いことがわかりました。

ムアツの110は高反発タイプなので、もしもエアウィーヴの高反発をより安い価格で手に入れたいなら、ムアツの2フォーム110でもよいのではないでしょうか。

エアウィーヴ・ムアツそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴ、ムアツの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

ムアツ

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとムアツの腰痛
腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

ムアツは、デコボコ構造が体重を均等に支えて体の沈み込みを防ぎます。

さらに高反発タイプを選べば、硬い寝心地が好きな人も満足できるでしょう。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとムアツの首こり肩こり
首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

体重が部分的に集中するから、体の一部分が痛くなるんです。

私個人の経験では、ムアツは枕が要りません。

逆に枕を使うと、デコボコとの相性が合わずに首が痛くなってしまったんですね。

でも、自分にピッタリ合った枕を持っている人なら、どんなマットレスでも首こりや肩こりは大丈夫じゃないかと思います。

不眠

エアウィーヴとムアツの不眠
不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

メーカーの公式ホームページによれば、エアウィーヴは寝返りのしやすさをアピールしているのに対し、ムアツは寝返りの回数を減らして安眠をサポートと書いてあります。

寝返りは、寝姿勢が定まらないから繰り返すと考えるならばムアツを選んだ方がよいでしょう。

ずっと同じ姿勢で寝ていると体が痛くなってしまうという人は、四季布団の方がよさそうです。

疲労回復したい人

エアウィーヴとムアツの疲労回復
疲労回復したい人には、私は高反発のエアウィーヴをおすすめします。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使する人たちに愛用されています。

このことから、アスリートやパフォーマーが、疲労回復のためにいかにに睡眠を重視しているかがわかりますね。

一方ムアツは、マツコ・デラックスさんがイメージキャラクターで、デコボコ構造を大絶賛しています。

「多く眠れるようになった」「起きて体が痛くなっていることがなくなった」と感じているようです。

コスパ重視の人

エアウィーヴとムアツのコスパ
コスパを重視したい人には、ムアツがよいでしょう。

一般的に布団の寿命は、普通に使用して7~8年といわれています。

四季布団もムアツも、きちんと通気するなど適切なお手入れをすれば、おそらく同様だと考えられます。

だとすれば、より初期費用が安いムアツの方が、コスト的に勝っているといえそうです。

エアウィーヴと昭和西川ムアツの比較まとめ

エアウィーヴとムアツを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 硬さと手入れのしやすさを重視するならエアウィーヴ
  • 独特の寝心地とコスパの良さならムアツ

エアウィーヴは、今使っている寝具の上に敷くマットレスパッドもあり、そちらの方が割とお手頃価格で買うことができます。

なので、どうしてもエアウィーヴが欲しいけれど四季布団は高すぎる…という人はマットレスパッドを選択するという手もありますよ。

ムアツは、独特のデコボコ構造に慣れるまでに時間がかかるという人もいるようです。

ですが、ムアツはずっと昔から人気のある定番マットレスであるという点も無視できません。

気になるマットレスを扱っているお店で実際に横たわってみて、自分がどう感じるか自分の体で確かめてみること、これが一番です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク