エアウィーヴとラクーネ比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴもラクーネアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、イヌヤ株式会社のマットレス『ラクーネ』を比較しました。

エアウィーヴもラクーネも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・ラクーネそれぞれの特徴

エアウィーヴとラクーネの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとラクーネの素材

まずエアウィーヴとラクーネの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、3次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

ラクーネ

ラクーネの特徴は、中芯部分のプロファイルウレタンという、体圧分散効果のある素材です。

プロファイルウレタンは凸凹した構造になっているので、体を面ではなく点で支えて体圧を分散するという仕組みです。

凸凹構造は反発力が強く、寝返りが打ちやすいというのが強みなんです。

また、一般的なウレタンの特徴として「湿気がこもりやすい」「熱をため込みやすい」といったデメリットがあげられますが、ラクーネは通気性に優れています。

寝ている間にかく汗や熱を、寝返りのたびに放出してくれるので、朝まで快適にぐっすり眠ることができます。

エアウィーヴはファイバーによる高反発、ラクーネはウレタンによる高反発なので、寝心地は全く違います。

しっかりした寝心地が好きならファイバー製のエアウィーヴ、高反発の中にもソフトな寝心地を求めるならラクーネを選ぶとよいでしょう。

サイズ

エアウィーヴとラクーネのサイズ

エアウィーヴ『四季布団』と、『ラクーネ』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

『ラクーネ』

幅91×長さ200×高さ8cm

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

エアウィーヴとラクーネは、厚さは同じです。

幅に関してはエアウィーヴの四季布団の方がゆったり目、長さはラクーネが余裕をもってできていますが、サイズ感として両者にそれほどの差はないといえるでしょう。

値段

エアウィーヴとラクーネの値段

エアウィーヴとラクーネの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は73,000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

ラクーネ

ラクーネの通常価格は53,685円(税抜)です。

ですが、公式ホームページから購入すると、特別価格の24,981円で買うことができます。

しかも、条件を満たせばなんと全額キャッシュバックが受けられる制度もあって、お値段的にはかなり魅力的なマットレスだといえるでしょう。

詳しくは、以下にある別記事の商品詳細ページをご覧ください。

エアウィーヴ・ラクーネそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴ、ラクーネの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

ラクーネ

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとラクーネの腰痛

腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

四季布団では、高反発素材エアファイバーは約3.5cm内蔵されていますが、残り4.5cmは中綿です。

なので、純粋な高反発を求める人には物足りなさを感じるかもしれません。

一方、ラクーネは「腰痛対策に特化したマットレス」ということで、腰痛に悩む91.6%もの人が満足しているという腰痛対策マットレスです。

なので、メーカーのアピールとおりであるとすれば、腰痛に悩む方はラクーネの方がより悩みに寄り添ってくれるマットレスといえるでしょう。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとラクーネの首こり肩こり

首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

枕に関してはマットレスと同じブランドでそろえるのではなく、自分にあったものを使うのが肩こり改善への近道です。

不眠

エアウィーヴとラクーネの不眠

不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

不眠の原因は様々ですが、寝具に求められるのは寝心地です。

ラクーネは凸凹したマットレスなので、その寝心地に慣れるまでに時間がかかる人も少なくありません。

四季布団は、布団というだけあってソフトな高反発の中にも中綿のふんわり感があり、寝やすいかと思います。

同じ柔らかさでも、布団のソフトな寝心地に慣れている日本人には、エアウィーヴの四季布団が寝やすいのではないかと思います。

疲労回復したい人

エアウィーヴとラクーネの疲労回復

疲労回復したい人には、エアウィーヴがよいでしょう。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使するアスリートやパフォーマーたちです。

ラクーネはというと、腰痛対策には力を入れているものの、疲労回復についてはあまり言及していないようです。

よって、現に実績のあるエアウィーヴに信ぴょう性があるとここではジャッジします。

コスパ重視の人

エアウィーヴとラクーネのコスパ

コスパを重視したい人には、ラクーネがよいでしょう。

エアウィーヴは3年間保証つき、保証期間内なら中材の交換ができます。

一方のラクーネは、商品保証はないものの、180日間のメールサポートが受けられます。

メールサポートでは、商品に関することや睡眠に関することなどどんな相談でも365日24時間対応してもらえます。

耐久性に関しても、「個人差がございますが、7年~8年は使用することができます。」とのことなので、より初期費用の安いラクーネの方がコスパは良いといえるでしょう。

エアウィーヴとラクーネの比較まとめ

エアウィーヴとラクーネを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ
  • 通気性の良い高反発ウレタンマットレスを安値で買いたい人はラクーネ

まとめからわかる通り、エアウィーブは「布団のような高反発」、ラクーネは「ウレタンのソフトな高反発」がウリです。

ひと口に高反発といっても寝心地は様々なので、自分の好みの寝心地はどういうものかを一度ちゃんと確認して、素材を選んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク