エアウィーヴとテンピュール比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、テンピュールのマットレス『フトンデラックス』を比較しました。

エアウィーヴもテンピュールも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・テンピュールそれぞれの特徴

エアウィーヴとテンピュールの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとテンピュールの素材

まずエアウィーヴとテンピュールの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、3次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

テンピュール

テンピュールは、独自のテンピュール素材を使用した、低反発性のウレタンマットレスです。

NASAの技術にも使用されている体圧吸収力で、寝ている時の体をしっかり支えて、寝姿勢を整えてくれます。

テンピュールのウレタンは、オープンセルという穴あき構造をしているので、身体の重量を吸収して均等に分散、究極の快適さを実現するということです。

エアウィーヴは高反発のファイバー製、テンピュールは低反発のウレタン製という、真逆の特徴があります。

エアファイバーの長所は、通気性がよいこと、強い反発力で体圧を分散させること、などがメインです。

一方のテンピュールでは、睡眠中の動きを吸収することによって体圧を適度に分散するのが特徴です。

通気性に関しては、エアウィーヴにアピールポイントがある一方で、テンピュールにはありません。

よって、素材的には、エアウィーヴの方にメリットがあるといえるのではないでしょうか。

サイズ

エアウィーヴとテンピュールのサイズ

エアウィーヴ『四季布団』と、テンピュール『フトンデラックス』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

テンピュール『フトンデラックス』

幅 約95× 長さ 約195× 厚さ 約7cm

サイズラインナップはシングルのみとなります。

エアウィーヴの方がテンピュールよりも約1cmほどの厚みがあります。

ただ、中材がそもそも、

エアウィーヴ→硬い・テンピュール→柔らかい

というまったく異なる特徴のため、一概に厚みだけでは比較することができません。

値段

エアウィーヴとテンピュールの値段

エアウィーヴとテンピュールの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は73,000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

テンピュール フトンデラックス

フトンデラックスの通常価格は63,000円(税抜)です。

テンピュールにもエアウィーヴと同様にマットレスパッド(トッパー)もあり、お値段は45,000円~となります。

値段に関してはエアウィーヴよりテンピュールの方が、若干お安く買うことができます。

両ブランドに2万円の差がありますが、信頼性や品質に大きな差はありませんので、これはもう「高反発か低反発か」という寝心地や好みの問題となるでしょう。

エアウィーヴとテンピュールそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴとテンピュールの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

テンピュール フトンデラックス

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとテンピュール腰痛

腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

四季布団は、高反発素材エアファイバーが全体8cmのうち約3.5cm、あとは中綿なので、腰痛対策の高反発というよりもどちらかというと寝心地の良い布団というイメージです

一方のテンピュールは、体が沈む低反発タイプです。

公式サイトの口コミやレビューには「体の痛みがなくなった」や「腰痛が改善した」などの口コミが見られますが、比較サイトの口コミでは結構辛辣な書き込みも見受けられます。

私の個人的な意見としては、腰痛にはやっぱり高反発タイプの方が良いかと思うので、腰痛のある人はエアウィーヴを選ぶ方が良いのではないかと思います。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとテンピュール首こり肩こり

首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

テンピュールにも枕のラインナップは充実していて、カタチや硬さだけではなく、寝姿勢によって選ぶこともできるんです。

寝姿勢とは、うつぶせ寝、横向き、仰向けなど特徴的な寝方だけでなく、マルチタイプにも対応しています。

価格は、9,000円~21,000円(税抜)です。

枕に関してはブランドやメーカーで選ぶのではなく、自分の寝姿勢や体型に合ったものを選びましょう。

不眠

エアウィーヴとテンピュール不眠

不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

不眠の原因は様々ですが、寝具に求められるのは寝心地です。

なかなか寝られない時や、寝てもすぐに目が覚めてしまう時って、なぜかたくさん寝返りしていませんか?

これは、寝姿勢が落ち着かないことも原因の一つだからです。

エアウィーヴは中材こそ高反発ですが、四季布団に関しては布団の要素が強いため、寝姿勢を整えるよりも包み込むような感じになります。

テンピュールはというと、寝返りをしなくても快適な寝心地を追究したマットレスなので、「自分の寝返りで目が覚めてしまう」といった自覚のない人には向いているかもしれません。

疲労回復したい人

エアウィーヴとテンピュール疲労回復

疲労回復したい人には、エアウィーヴが人気です。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使する人たちに愛用されています。

ただ、四季布団は他のエアウィーヴ製品と少し性質が違い、布団的な要素が強いので、アスリートが使っているものとは仕様が違います。

一方のテンピュールはというと、米国宇宙財団によって認定された唯一のマットレスというメソッドを信じるならば、大変頼りになるブランドではないでしょうか。

ただ、低反発独特の「沈み込むような感覚」を、「包み込まれるような感覚」だと認識できないと、芯から疲れを取るのは難しいような気がします。

コスパ重視の人

エアウィーヴとテンピュールコスパ

コスパを重視したい人なら、エアウィーヴが良いかと思います。

その理由は、一般的にウレタンよりもファイバー製の方が耐久性に優れているといわれるからです。

とはいえ、今のウレタンは通気性に優れていて、かつ反発力の強いものも多いですが、テンピュールはどうもその辺の時代の流れからは離れているところにいる印象です。

ヘタリやカビなどの年数劣化に強いのは、客観的に根拠を示しているエアウィーヴということで、当サイトは軍配を上げることとします。

エアウィーヴとテンピュールの比較まとめ

エアウィーヴ『四季布団』とテンピュール『フトンデラックス』を比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 低反発のずっしり感を布団で体感したいならテンピュール
  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ

エアウィーヴとテンピュールの両ブランドが人気なのは、そのブランド力やネームバリューによるところも大きく影響しています。

まずはマットレス選びで一番重要な寝心地を優先しましょう。

エアウィーヴとテンピュール、高反発か低反発かという点で、最も比較しやすいブランドだといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク