エアウィーヴと東京西川エアー比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴ東京西川エアーアイキャッチ画像

エアウィーヴの布団型マットレス『四季布団』と、東京西川のマットレス『エアーSX』を比較しました。

エアウィーヴも東京西川エアーも、どちらも1枚で使えるタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・東京西川エアーそれぞれの特徴

エアウィーヴと東京西川エアーの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴと東京西川エアーの素材
まずエアウィーヴと東京西川エアーの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを3.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、三次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

東京西川エアー

東京西川のエアーシリーズで最高峰のSXは、4種の異なるウレタン素材による特殊立体クロススリット構造が特徴です。

ボディラインにフィットする柔軟性と、しっかり体を支える硬度、寝返りしやすい高弾力性が組み合わさり、どんな寝姿勢もしっかりサポートしてくれます。

1680個の凸凹とした突起によって体を点で支えて圧力を分散するので、寝ている体に負担がかかりません。

エアーSXのウレタンは通気性にも優れており、70個の上下に貫通した通気孔と、縦横にクロスする70本の通気路があるので、湿気や汗を発散することが可能になっています。

サイズ

エアウィーヴと東京西川エアーのサイズ
エアウィーヴ『四季布団』と、東京西川『エアーSX』ともにシングルサイズの比較です。

エアウィーヴ『四季布団』

幅約100 × 長さ約195 × 厚さ約8cm

このうちエアファイバーは約3.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・シングルロングの4種類です。

東京西川『エアーSX』

幅97cm×長さ195cm×厚さ9cm

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

エアーにはタイプが2種類あり、普通の硬さのレギュラータイプと、より硬めのハードタイプがあります。

レギュラータイプでも一般的な高反発マットレスの硬さになっています。

エアウィーヴと東京西川エアーのサイズに関しては、それほど差はないようです。

四季布団は普通の布団のようにたたむことができますが、エアーSXはかなり反発力が強いマットレスなので、たたむというより丸めてマジックテープでとめる感じになります。

値段

エアウィーヴと東京西川エアーの値段
エアウィーヴと東京西川エアーの値段の比較です。

エアウィーヴ

四季布団の通常価格はシングルで83,000円(税抜)ですが、エアウィーヴ公式オンラインショップ特別価格は7,3000円(税抜)です。

ちなみに売れ筋のマットレスパッド『エアウィーヴ スマート025』シングルサイズは25,000円(税抜)とお手頃価格で手に入れることができます。

東京西川エアー

エアーシリーズはSX、SI、03、01、01SEがあり、SXが最高峰ラインです。

2018年3月に登場したばかりのSXは、シングルサイズのレギュラーで120,000円、ハードで140,000円(税抜)です。

エアウィーヴの四季布団と価格的に近いのは、SXより一つ下のモデル、SIでシングル76,000円、ハードで88,000円(税抜)となります。

エアーといえばメジャーリーガーの大谷翔平選手のCMが有名ですが、大谷選手が宣伝しているのはSXです。

なので、大谷選手のマットレスが欲しい!という人は、12万円のSXを選びましょう。

エアウィーヴ・東京西川エアーそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴ、東京西川エアーの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

東京西川エアー

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴと東京西川エアーの腰痛
腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

エアウィーヴは分類的には高反発に近いですが、四季布団の場合、中綿を使用しているため一般的な高反発マットレスに比べると反発力は弱く、布団に近い寝心地です。

エアーの場合、高い反発力で体を均等に支えてくれるので腰への負担が軽くなります。

よって、腰痛がつらい人はエアーの方がおすすめです。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴと東京西川エアーの首コリ肩コリ
首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

ただし、首や肩は枕でなんとかなる場合も多いので、マットレスと枕の相性も大切です。

エアウィーヴには、好みの硬さによって4種類から選ぶことができます。

価格帯は13,800円~23,000円(税抜)です。

エアーにも枕シリーズはあり、こちらも頭圧を分散する設計となっています。

価格は13,000円~18,000円(税抜)でエアウィーヴより少しだけ安めの設定です。

また自分に合わせたオーダーピローもあり、こちらも25,000円(税抜)とリーズナブルです。

もし、どんな枕を使っても合うものがないという人は、オーダーピローを作ってみるとよいかもしれません。

不眠

エアウィーヴと東京西川エアーの不眠
不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

エアーが寝姿勢や寝心地に対するこだわりが非常に強いのに比べて、エアウィーヴの四季布団に関してはそれほどのこだわりが感じられません。

エアウィーヴ自体は「質の良い睡眠」というコンセプトがあり、すべてエアファイバーだけで作られたベッドマットレスなどは十分その効果を実感できるでしょう。

ただ四季布団には、こだわりのエアファイバーはたったの3.5cmしか使われていないことを考えると、睡眠を徹底的に科学しているエアーに軍配をあげたいと思います。

疲労回復したい人

エアウィーヴと東京西川エアーの疲労回復
疲労回復したい人にも、エアーがおすすめです。

体圧分散や通気性など理論がしっかりしているのはもちろんですが、イメージキャラクターがそうそうたる面々なんです。

ロサンゼルスエンジェルスの大谷翔平選手、ニューヨークヤンキースの田中将大選手、伝説のキングカズに世界のネイマールですよ!

このような一流アスリートが絶賛するエアーなら、疲労回復できること間違いなしです!

コスパ重視の人

エアウィーヴと東京西川エアーのコスパ
コスパを重視したい人には、エアウィーヴがよいでしょう。

エアウィーヴは保証は3年、中材の交換もできます。

それに比べて東京西川のエアーには、メーカー保証は基本的にありません。

普通に使用している限り、どの布団の寿命もそれほど変わらず、だいたい8~10年くらいは使用可能といわれています。

そういう意味では、初期費用が安く保証もついているエアウィーヴの方がコスパ重視の人に向いているといえるでしょう。

エアウィーヴと東京西川エアーの比較まとめ

エアウィーヴと東京西川エアーを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 布団のような使い勝手で布団より上質を望むならエアウィーヴ
  • 最新のハイブリッド構造で睡眠を科学したいなら東京西川エアー

純粋に気持ちよく寝たいならエアウィーヴ、睡眠にプラスアルファを求めるなら西川エアーを選ぶとよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク