エアウィーヴとトゥルースリーパー比較してみました!あなたにはコッチでしょ!

エアウィーヴトゥルースリーパーアイキャッチ画像

エアウィーヴのマットレス『スマート025』と、トゥルースリーパーのマットレス『プレミアケア』を比較しました。

エアウィーヴもトゥルースリーパーも、どちらも今使っている寝具の上に重ねて使うタイプのマットレスです。

それぞれの特徴やあなたの希望する寝心地を比べて、どっちにしようか迷ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エアウィーヴ・トゥルースリーパーそれぞれの特徴

エアウィーヴとトゥルースリーパーの、それぞれの特徴をあげてみます。

ここでは、素材・サイズ・値段の特徴を比べてみます。

素材

エアウィーヴとトゥルースリーパーの素材
まずエアウィーヴとトゥルースリーパーの素材を比較します。

エアウィーヴ

エアウィーヴは独自素材エアファイバーを2.5cm内蔵しています。

エアファイバーは高い反発力を持ち、体が沈み込むのを防いで寝返りをしやすくします。

構造も、三次元状に絡み合ったエアファイバーが、あらゆる方向から体をしっかり支えるように作られているので、1か所に負担が集中することなく体圧を分散します。

さらにエアファイバーは90%以上が空気からできているので、通気性にすぐれ、熱や湿気をこもらせません。

トゥルースリーパー

トゥルースリーパーは低反発素材『ウルトラヴィスコエラスティック』が特徴です。

エアウィーヴが体の沈み込みを抑えて寝返りしやすいのに対し、トゥルースリーパーは真逆の発想です。

体のデコボコに合わせて自在にフィットし、体を包み込んで支えます。

点ではなく面で体を支えるので、体圧が一か所に集中するのを防ぎ、体への負担を減らします。

機能が違うため一概に比較はできませんが、エアウィーヴが高反発素材2.5cmなのに対し、トゥルースリーパーはすべてが低反発素材のウレタンフォーム100%です。

素材の特徴では、エアファイバーは通気性に優れ、水洗いすることが可能です。

一方ウレタンは、湿気や熱がこもりやすく、洗うことはできません。

ただ、トゥルースリーパーは抗菌・防カビ仕様が施されているので、陰干しなど適度に通気してあげれば清潔を保つことが可能です。

サイズ

エアウィーヴとトゥルースリーパーのサイズ
エアウィーヴ『スマート025』と、トゥルースリーパー『プレミアケア』ともにシングルサイズを比較します。

エアウィーヴ『スマート025』

幅 約100 × 長さ 約195 × 厚さ 約3.5cm

このうちエアファイバーは約2.5cmです。

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

トゥルースリーパー『プレミアケア』

幅97cm×長さ195cm×厚さ5cm

サイズラインナップはシングル・セミダブル・ダブル・クイーンの4種類です。

エアウィーヴとトゥルースリーパーの大きな違いは、厚さでしょう。

幅や長さはそれほど差はありませんが、厚さに関してはトゥルースリーパーの方がエアウィーヴより1.5cmほど厚みがあります。

ただトゥルースリーパーは沈み込む力が強いので、5cmの厚さでも「薄い」と感じる人も多いようです。

 値段

エアウィーヴとトゥルースリーパーの素材
エアウィーヴとトゥルースリーパーの値段の比較です。

エアウィーヴ

スマート025の通常価格はシングルで25,000円(税抜き)です。

エアウィーブの基本性能をそのままに、お求めやすい価格を実現したエントリーモデルです。

トゥルースリーパー

プレミアケアスタンダードタイプの通常価格は24,800円(税抜き)です。

公式ショップのショップジャパンで購入すると、さらにお得な2組セット(マットレス×2・肌掛け布団×2・マルチピロー×2)が半額だったり、マットレスとカバーがセットになったものもあります。

エアウィーヴとトゥルースリーパーは、お値段的にはそれほど変わらないことがわかりました。

もし同じ予算で重ねるタイプのマットレスでどちらを買おうか悩んだら、高反発がいいのか低反発がいいのかで選ぶとよいかと思います。

エアウィーヴ・トゥルースリーパーそれぞれの特徴まとめ

素材・サイズ・値段についてそれぞれの商品の特徴がお分かりいただけかと思います。

なお、エアウィーヴ、トゥルースリーパーの商品紹介の詳細はこちらです。

エアウィーヴ

トゥルースリーパー

こういう場合どっちを選ぶ?

続いて、あなたの理想をかなえてくれるのはどっちのマットレスかという視点から、2商品を比較したいと思います。

今回は、「腰痛」「首こり・肩こり」「不眠」「疲労回復」「コスパ」の5つの項目をピックアップしました。

腰痛のある人

エアウィーヴとトゥルースリーパーの腰痛
腰痛のある人におすすめなのは、一般的に高反発のマットレスといわれています。

それは、柔らかいマットレスだと重い部分に重心が集中してしまうため、腰に負担がかかってしまうからです。

高反発のマットレスは体圧を分散して腰だけに負担がかからないようにしてくれるので、腰痛の人から支持されています。

ですが、トゥルースリーパーの公式ホームページでも、体圧分散についての検証が掲載されています。

マットレスが体の凹凸に合わせて自在に変形してフィットするので、体を面で支えて体圧の集中を防ぐということです。

アンケートでも、腰のつらさが楽になった人が87.5%以上という結果もあるようで、低反発でも腰痛が軽くなる人もいるようです。

どちらとも、下に敷くベッドマットレスや布団は、ふわふわしたものよりもある程度の硬さがある方が、それぞれのマットレスの特徴をより生かすことができます。

首こり・肩こりのある人

エアウィーヴとトゥルースリーパーの首コリ肩コリ
首こりや肩こりのある人におすすめなマットレスは、腰痛の悩みと共通するものがあります。

体重が部分的に集中するから、体の一部分が痛くなるんです。

私個人的な意見ですが、首や肩に痛みがある人には低反発のトゥルースリーパーをおすすめします。

理由は、気持ちの良さです。

腰の部分はある程度かたさがある方が気持ちいいですが、肩回りは体にフィットする方がリラックスできます。

力みがちな首肩まわりも、自然とリラックスできますよ。

不眠

エアウィーヴとトゥルースリーパーの不眠
不眠に悩む人はどちらを選べばよいのでしょうか。

体の痛みで眠れない人には高反発のエアウィーヴ、緊張から眠れない人には低反発で優しい寝心地のトゥルースリーパーがよいでしょう。

もちろん好みの寝心地もあるので、寝やすい体勢を取れるマットレスが一番です。

疲労回復したい人

エアウィーヴとトゥルースリーパーの疲労回復
疲労回復したい人には、私は高反発のエアウィーヴをおすすめします。

エアウィーヴの愛用者は、スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭さんなどトップアスリートに支持されているばかりか、宝塚歌劇団やパリ国立オペラ座バレエ学校や英国ロイヤルバレエスクールなど体を酷使する人たちに愛用されています。

このことから、アスリートやパフォーマーが、疲労回復のためにいかに睡眠を重視しているかがわかりますね。

トゥルースリーパーも、元バレーボール日本代表の中田久美さんや海洋冒険家の白石康次郎さんなどが愛用されているようですが、「短時間でもよく眠れる」ことがアピールポイントのようです。

コスパ重視の人

エアウィーヴとトゥルースリーパーのコスパ
コスパを重視したい人には、トゥルースリーパーがよいでしょう。

理由は、素材の性質です。

一般的にファイバーよりウレタンの方が寿命が長いといわれています。

保証に関してはエアウィーヴは3年+お試し30日、トゥルースリーパーは1年+お試し60日です。

エアウィーヴとトゥルースリーパーの比較まとめ

エアウィーヴとトゥルースリーパーを比較してきましたが、まとめると次のような結論となりました。

  • 硬さと手入れのしやすさを重視するならエアウィーヴ
  • 柔らかさとフィット感を重視するならトゥルースリーパー

エアウィーヴとトゥルースリーパーは、それぞれ高反発マットレスと低反発マットレスの代表的存在です。

お値段的にも変わらないので、好みの寝心地で選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク