イオン ドルミール マットレスの特徴や口コミ!こんな人は買ってはダメ

ドルミールアイキャッチ画像

イオンのマットレス、ドルミールの特徴や口コミから、買っていい人ダメな人を考えてみました。

商品スペックなども調べてありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドルミールについて

ドルミールについて

まず、ドルミールという商品を簡単に説明します。

ドルミールはイオンで販売されている、イタリア製の高反発マットレスです。

独自の高反発フォーム『エリオセル』は、弾力と復元力に優れ、身体全体をしっかり支えて体圧を分散してくれます。

芯材はオープンセル構造なので空気の出入りがよく、寝汗をかいても蒸れにくいのが特徴です。

コンパクトな真空ロールパッケージで届くので、かさばらず、持ち運びにも便利です。

>>公式サイトはこちらです

ドルミールのラインナップ・価格について

ドルミールのラインナップと価格について

ドルミールのラインナップと価格について紹介します。

ドルミールには、4種類のマットレスがあります。

すべて、イオンでの取り扱いとなります。

ドルミールプレミアムウイング

ドルミールプレミアムウイング

幅97×縦198×厚さ9cmの三つ折りマットレスです。

日本限定品で、しっかりした硬さが人気です。

お値段はシングルサイズで28,381円(税抜)です。

サイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

ドルミールウイングⅡ

ドルミールウイングⅡ

三つ折りタイプのマットレスですが、イオンスタイル公式サイトでは、現在セミダブルのみの販売となってます。

(2018年8月現在)

セミダブルのサイズは、幅117×縦198×厚さ9cmで、お値段は28,381円(税抜)です。

ドルミールマットレスⅡ

ドルミールマットレスⅡ

幅100×縦195×厚さ16cmの、ベッド用マットレスです。

厚さがしっかりありますが、こちらも真空ロールパッケージでコンパクトに届きます。

お値段はシングルサイズで33,143円(税抜)です。

サイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

ドルミールプレミアムフトン

ドルミールプレミアムフトン

幅98×縦196×厚さ7cmの、お布団タイプのマットレスです。

仕布団のようにたたんで収納できる、日本限定品です。

お値段はシングルサイズで19,800円(税抜)です。

サイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

ドルミールの保証について

ドルミールの保証について

ドルミールの保証についてです。

ドルミールは、長期保証が特徴の一つでもあります。

商品にもよりますが、1年、3年、6年、そして長いものだとなんと12年という長期保証がついている商品もあります。

長期保証は耐久性の高さの現れだ、ということです。

ちなみに三つ折りマットレスは6年、ベッド用マットレスは12年、布団タイプは3年の保証期間となります。

ドルミールの寝心地について

ドルミールの寝心地について

ドルミールの寝心地を検証します。

実はドルミールって、あの高級マットレスブランド、マニフレックスと同じ中材が使われているって知ってましたか?!

ドルミールもマニフレックスも、中材はエリオセルです。

エリオセルは弾力性と復元性に優れた高反発素材なので、寝返りしやすく起き上がりも楽ちんです。

ただ、ドルミールは高反発と言いながらも、その寝心地は結構ソフトです。

あまり高反発を期待しすぎていると「ガッカリ」なんてことにもなりかねませんので、お気を付けください。

また、布団タイプだとさらにソフトになるため、体重が重すぎる人や体が特に大きい人は底つき感を感じる場合もあるようです。

ドルミールの耐久性について

ドルミールの耐久性について

ドルミールの耐久性について調べてみました。

イオンの公式ホームページの商品紹介では、「耐久性が高い」と明記されているものの、その根拠となる耐久性試験などについては触れられていません。

ウレタンで心配なのは長期使用によるヘタリですが、ドルミールのマットレスは布団タイプでも7cmの厚さがあるので、そこそこの耐久性はあると考えてよいでしょう。

ドルミールの口コミ

ドルミール愛用者の口コミ

ドルミール愛用者の口コミを紹介します。

こちらに紹介する口コミは個人の感想なので、すべての人に当てはまるとは限りません。

・20代 女性

ドルミールのプレミアムウイングを愛用しています。

ドルミールで寝るようになってから、夜中目覚めることがなくなり朝までぐっすり熟睡できるようになりました。

イタリア製のマットレスなのに、手が届くお値段なのでかなりお得感があります。

軽くて持ち運びしやすいのも、女性の一人暮らしには助かります。

・30代 男性

マニフレックスと同じエリオセルが使われているのに、マニフレックスより安いので、これは買うべきだと思ってウキウキして買ったのですが、正直寝心地については物足りないです。

高反発ということで期待したのに、体が沈みます。

これならもっと安くて普通のマットレスでも同じでした。

値段も決して安いわけではないから、後悔しています。

・40代 女性

ベッド用のマットレスを注文したらすごく小さな荷物が届いたので、一瞬「注文間違えたかしら?」と不安になりました。

でもビニールを開封したらどんどん膨らんで、半日くらいで立派なベッドマットレスになりました。

この技術、すごすぎます!

あと保証期間が12年もあるので、安心です。

・50代 女性

イオンの家具は安くて品質がいいので、布団を買い替える時も迷わずドルミールにしました。

布団タイプにしましたが、底つき感があってちょっと残念です。

エリオセルをちゃんと体感したかったので、三つ折りタイプにすればよかったと後悔しています。

皆さんの口コミをまとめます。

ドルミール 良い口コミまとめ

  • 夜中目覚めることなく朝まで熟睡できるようになった
  • 軽くて持ち運びに便利
  • イタリア製なのにお手頃価格
  • 高級ブランド、マニフレックスと同じ素材が使われている
  • コンパクトに配送される
  • 保証期間が長い

ドルミール 悪い口コミまとめ

  • 反発力が物足りない
  • 底つき感がある(布団タイプ)
  • せっかくの素材エリオセルが感じられない

ドルミールが向いている人・向いていない人

ドルミールが向いている人と向いていない人をまとめました。

向いている人

  • エリオセル素材に興味がある
  • イタリア製をお手頃価格で手に入れたい
  • 通気性の良いウレタンマットレスが欲しい
  • イオンの家具や寝具を信頼している
  • 長期保証があると安心

向いていない人

  • 本格的な高反発を求める人
  • ちょっとの底つき感も許せない
  • 寝具は日本製に限る

このような感じでしょうか。

自分がどのようなタイプかなと考えてみて、果たしてドルミールを買うにふさわしいかどうか、ジャッジしてみてください。

公式サイトはこちらです

ドルミールまとめ

ドルミールについて、あらゆる面から解説してきましたが何となくおわかりいただけましたでしょうか。

買っていいのは、「エリオセル素材のマットレスを少しでも安く手に入れたい人」であり、逆に買ってはいけない人は「マニフレックスと同じ寝心地を求める人」ではないかと思います。

マニフレックスはイタリア発の、世界最大の寝具ブランドですが、その特徴は次世代高反発フォームのエリオセルが使用されていることです。

硬めの寝心地で定評があるマニフレックスと同じ素材がドルミールに使用されているため、「格安でマニフレックスの寝心地が手に入る」と飛びつく人も多いようですが、実際の寝心地はそうはいかないようです。

あくまでお値段相応という点を踏まえて、それでもなおエリオセルに興味がある方はお手頃価格のドルミールという選択をしても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク