子供用のマットレスと大人用との違いは?

アイキャッチ画像子供用と大人用

「寝る子は育つ」ということわざがあるように、子どもの成長に睡眠というのはとても大事な役割を果たします。

大人が睡眠の質を気にする以上に、子どもの寝心地の良さ、ひいてはマットレスの質というものを考えてあげたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




大人用のマットレスとは異なる選び方をすべき子ども向けのマットレス

子ども向けのマットレスの違いは、単に睡眠の質だけに影響をもたらすわけではないからです。

質の悪いマットレスを使うと、どうしても寝ている時の姿勢が悪くなってしまいます。

睡眠時間というのは一日の中でもかなりの時間を占めますので、場合によっては骨格形成にも悪影響をもたらしてしまうこともあります。

また、あまり清潔でないベッドに寝ていると、アレルギー症状をもたらしたり皮膚疾患、肺炎などを引き起こすこともあります。

それだけ、子ども用のマットレスというのは気を遣って選ぶべきなのです。

こうしたことを考えると、大人用のマットレスとは少し違う基準で子ども用のマットレスを選ぶ必要があることが分かります。

単に寝心地の良さを追求するだけでなく、良い姿勢を保てるような硬さをキープしてくれるものという条件を考えるべきです。

そして、清潔さも維持できるような素材、そして洗いやすさを持った商品を選ぶということも大事な要素となります。

子どもは成長が早いので、どうしてもマットレスも買い替えの頻度が早くなります。

すると、出費を抑えるために安いものを買おうという気持ちになってしまいがちですが、子どもの成長に関わるものですので、予算が許す範囲内でできるだけ良いものを選んであげるようにしたいものです。

子ども向けのマットレスの硬さは中程度がベスト

マットレスの違いを見る最も大きなポイントとしては、硬さというものがあります。

大人の場合は、ある程度マットレスの硬さの好みができあがっていますので、その好みに合わせることが多くなります。

人によってソフトなものが良い、硬めが良いというように、どちらかの側に極端に走ってしまうことがあります。

しかし、子どもの場合は、中程度の硬さを選ぶのがベストです。

柔らかいマットレスだと、腰や肩の部分が不自然に沈んでしまって、子どもの姿勢を悪くしてしまうことがあります。

逆に硬すぎると、子どもには寝心地が悪いことが多く、睡眠の質が下がり寝返りが通常より多くなってしまう傾向があります。

こうした問題を避けるために、中間の硬さを取る方が良いのです。

実際に店舗で試してみる場合は、大人が寝転んでみて多少柔らかいかなと感じる程度のものが良いでしょう。

というのも、大人は子どもよりも体重が重いので、マットレスに横になると余計に沈んでしまうからです。

大人の感覚でマットレスを選ぶと、子どもには硬いことが多いので、こうした子ども目線でチェックすることが大事なのです。

子どもがマットレスを実際に試す時には、立ったままの姿勢に近いかどうかということを見るのがポイントです。

子どもの場合は、柔らかいか硬いかの感想を聞いてもしっかりと答えられないことが多いので、寝た時の姿勢を親が見て確認してあげるのがベストです。

子ども専用のマットレスを比べてみる

このように、子ども向けのマットレスというのは大人の感覚ではなく、子どもの視点に立って選ぶことが重要です。

しかし、実際に見てもどんなマットレスが子どもに合っているのか分からないというのであれば、子ども専用マットレスをいろいろ比べてみると良いでしょう。

多くのメーカーで子ども専用のマットレスを開発していて、それぞれ特徴的な商品を出しています。

こうした商品を比べてみることで、子どもにはどんなものがいいのかを考えられるようになります。

子ども専用のマットレスは、大きさがいろいろなサイズに分かれていることや、大人のものに比べて薄く作られていること、硬さがある程度安定しているという共通点があります。

それらの商品を比べてみることで、子ども向けのマットレスの特徴をつかめると同時に、それぞれのメーカーによる違いを確認できて選びやすくなります。

清潔さを保ちやすいものを選ぶことも大事

子ども向けのマットレスを選ぶ際には、清潔さを保ちやすいかという点も大事です。

というのも、子どもはよりアレルギー反応が出やすく、一度症状が出るとひどくなるケースが多いからです。

また、免疫が弱いため雑菌が繁殖してしまったマットレスに触れることで、なんらかの症状を出してしまうことも多い傾向にあります。

そのため、抗菌素材をマットレスの表面に使用しているものや、通気性が良くダニやカビの繁殖を防ぎやすいものを選ぶというのはとても大事です。

まとめ

そして、シーツの脱着がしやすいもの、できればマットレスの形状にフィットしてしっかりとすべての面を覆うことができるものをチョイスするというのもポイントです。

シーツをこまめに洗濯することで、常に清潔な状態を保てるようになります。

また、マットレスは定期的に専用の掃除機をかけたり、ベッドから外して風通りの良いところに置いたりして、ホコリを取り除くと共に湿気を除去できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク