マットレスの快適さと体重には関係がある?健康志向におすすめのエアウィーヴ

マットレスの快適さと体重には関係がある?健康志向におすすめのエアウィーヴアイキャッチ画像

1日の3分の1をともに過ごす睡眠環境は、できるだけ快適に眠ることができて体の疲れを取ってくれるものを選びたいものです。

マットレスを選ぶ際には、自分の体重によって理想的なタイプが異なることはご存知ですか?

ここでは、横になって眠ることで健康に害を与えるものもあれば、健康効果が高いマットレスもあるという点についてご説明しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




柔らかいマットレスが必ずしも良いとは限りません

柔らかいマットレスの上に横になると、まるでここは天国かと思えるほど至福の時と快適さを実感することができます。

店舗に置かれているマットレスなのに、ウトウトしてしまうという人もたくさんいるほどです。

しかし、横になった時に快感だと感じてすぐにウトウトできるからと言って、そのマットレスが自分の健康に取って理想的だとは限らないのです。

心地よく眠りに入ったはずなのに、翌朝起きたらなんとなく眠った気がしないとか、疲れが取れ切れていないとか、腰が痛くなった、なんて事態が起こることはあります。

それは、マットレスが柔らかすぎたことが原因で起こるマイナスの影響です。

私達が眠っている時には、腰に体重の80%程度がかかると言われています。

そのため、マットレスが柔らかすぎると腰の部分が沈み込んでしまい、負担がかかりやすくなるのです。

数分間マットレスの上に横になるだけなら快適でも、何時間も眠る夜の睡眠時間の間には、腰に負担がかかり過ぎて腰痛の原因となったり、内臓疾患にもマイナスの影響を及ぼすなど、健康と大きな関係があります。

体重が重たい人にはこんなマットレスがおすすめ

体重が重たい人には、柔らかすぎるマットレスはあまりおすすめではありません。

その理由は、体重が重たいと腰にかかる負担が大きくなるためです。

体重が60キロの人で、眠っている時に腰にかかる負担は54キロ程度となりますし、体重が80キロの人だと64キロ程度が腰にのしかかってくることになります。

体重が軽い人なら、マットレスは単純に寝心地だけで選んでも問題ありませんが、体重が重たい人は、できるだけ健康のことを考えたマットレス選びが快眠につながります。

例えばコイルタイプのマットレスを選ぶのなら、点で体を支えるタイプではなくて面で支えるタイプのボンネルコイルタイプがおすすめです。

また、ウレタンタイプなら、柔らかすぎる低反発よりも硬めの高反発タイプの方が良いでしょう。

ただし、高反発タイプのマットレスはお値段的に高めの設定になっているものが多いので、コスト面で抵抗があるという人は多いかもしれません。

そんな時には、ジャパネットオリジナルのエアウィーヴなどの商品が一押しです。

エアウィーヴは体重が重たい人にもおすすめ、その理由とは?

エアウィーヴには、メーカーからラインナップされている正規品と、ジャパネットが独自に開発改良をしたジャパネットオリジナル商品とがあります。

どちらもとても快適なのですが、分割払いなどを利用して毎月の負担が軽くなるジャパネットの方が、敷居は低いのでおすすめです。

このマットレスには体重が重たい人でもしっかりサポートしてくれるエアファイバーがたっぷりと使われています。

マットレスの硬さもソフトすぎず体重が重たい人でも快適に眠れる硬さになっているので、どんな寝相で眠っても、またどんな体重の人が眠っても、腰の部分にかかる負担を劇的に軽減することができるのです。

ジャパネットのエアウィーヴは、1枚で使える敷布団タイプとなっているのが特徴です。

体重が重たい人は腰の沈みを出来るだけ最小限に抑えるために、ベッドの上や他のボックススプリングの上にエアウィーヴを置くのではなく、畳などの床材の上にエアウィーヴを置いて使うのがおすすめです

サイズ選びはどうすればよい?

ジャパネットのエアウィーヴでは、シングルサイズの他にセミダブルサイズ、ダブルサイズ、シングルロングサイズがラインナップされています。

体重によってマットレスの選び方は健康に大きな影響がありますが、マットレスのサイズを決める際には体重はあまり関係がないので、寝相とか部屋の広さなどで決めると良いでしょう。

ジャパネットオリジナルのエアウィーヴの場合には、サイズのセレクションはこの3つのみとなりますが、エアウィーヴの正規品になるともう一つエクストラロングサイズがラインナップされています。

この場合には、マットレスの長さがジャパネットオリジナルサイズよりも10センチ長めの205cm仕様となっています。

もしもジャパネットオリジナルのエアウィーヴで足がはみだしてしまうというほどの高身長の人は、正規品を検討するという方法もアリでしょう。

まとめ

快適なマットレス選びでは、自分の体重によってできるだけ眠っている間に腰に負担がかかりにくいものがおすすめです。

体重が重たい人は硬めのタイプ、もしくは体圧分散タイプを選ぶとよいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク