寝方しだいで原因不明の体調不良が治るって本当?どっち向きに寝たらいいのか調べてみたら意外な結果に・・・

アイキャッチ画像左向きで寝るメリットとは

どうも、最近抜け毛がひどいぴょんきちです!

あなたは自分の睡眠時の寝姿勢について考えたことはありますか?

睡眠は一日の疲れをとり、健康な生活を送っていくために大切なことです。

昔は寝れば疲れがとれていたのに、年齢を重ねるうちに寝たほうが体がいたくなって次の日に影響してしまうといったことが多くなりました^^;

そんな中、人間ってどんな寝方をするのが良いのか?ということを真剣に考えるようになりました。

ということで人はそれぞれに自分の好みの寝るときの姿勢があると思いますが、どんな寝姿勢が健康にとって一番良いのか調べてみた結果、意外な事実が判明しましたのでシェアさせてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




あなたの寝姿勢は右向き?それとも左向き?

右向き左向き画像左向きに寝るメリットとは

あなたは、どんな態勢で寝ていますか?

人それぞれ好きな寝姿勢があると思います。

うつぶせが好きな人、仰向けが好きな人、また左向きの人、右向きの人、ではこれらの中で最もメリットが大きいのは、どの寝姿勢でなのしょうか?

それはズバリ『左向き』だったのです。

なんとも意外じゃないですか?

インド大陸の伝統的医学アーユルヴェーダの有名な専門医でJohn Douillard(ジョン・ドウイラード)博士という人がいるんですが、彼は左向きに寝るメリットが健康上、一番大きいと説いています。

もっといえば「左向き」の寝姿勢は、他のどの寝姿勢よりも健康維持のためのメリットが大きく、デメリットが小さいんだそうです。

また、寝姿勢は美容にも影響があるといわれています。

身体には、リンパというものが血管と同じように体全身に張り巡らされています。

リンパ液には、余分な水分を回収する、次に老廃物を排泄する、さらに細菌やウィルスを退治する、という3つの役割があります。

そこでリンパの流れが悪くなると身体中に老廃物が溜まってしまい、むくみが現れたり、肩こり・疲労感を感じたりするようになり、美容にも健康にも悪影響を与えてしまうのです。

知らなきゃ損する!「左向き」に寝るスゴ過ぎるメリットとは?

左向きメリット左向きメリット

左向きに寝るメリットを調べてみたので具体的に5つ挙げていきます。

まず1つ目に、胸焼け・消化不良にならないということがあります。

右向きに寝る場合、胃の形状から食道で胃酸が逆流を起こして胸焼けを起こしやすいのですが、左向き寝はこの胸焼けの症状を緩和するのです。

2つ目は、消化吸収を助けるということです。

重力の関係で、左向きに寝ると小腸から大腸への飲食物の移動がスムーズに行われるのです。

3つ目は、心臓に負担がかからないということです。人の器官で最も重要なのは心臓です。

左向きに寝ることで、心臓に向かってリンパ液が流れ出るために、睡眠が促進され、心臓は余計に動くことなく、休息が与えられることになります。

4つ目は、血液の循環をよくするということです。

左向きに寝ることで、身体の右側を流れる大動脈に圧力がかからないので、血液の循環が滞りなく行われるのです。

特に、下肢静脈瘤の症状のある人は、左向きで寝ることをお勧めします。

最後の5つ目は、リンパの流れが改善するということがメリットとして挙げられます。

人の身体を流れるリンパの主要な部分は左側にあるのです。

そこで左側を下にすることで、毒素や老廃物を濾過する働きが活性化するのです。

メリットを箇条書きでまとめますと

●胸焼け・消化不良にならない

●消化吸収を助ける

●心臓に負担をかけない

●血液の循環をよくする

●リンパの流れが改善する

ということが挙げられます。

以上、左向きに寝ることが、健康づくりや美容にとても効果があることがご理解いただけたと思います。

早速、今夜から左向きに寝るメリットを実感してくださいね。

p.s.

この事実を知って、私は左向きに寝るように心がけるようにしています。

でもずっと同じ姿勢で眠り続けるのはやっぱり無理ですね、それこそ体がいたくなりますし。

ですので雑学程度に考えていただければと思います。

ちなみにジョン博士はこのような見た目の人物です。

jhon

左向きに寝たとしてもどうやら抜け毛には効果なしみたいですね(;´д`)トホホ

まあ、ためになったーとか暇つぶしになったなーと思ったらぜひシェアをお願いします。

人気記事:ジャパネットでエアウィーヴ買うメリットってあるの?無理やり見つけてみたよ

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク