マットレスの処分にかかる費用をなるべく抑えるには?

アイキャッチ画像マットレス処分

古くなったマットレスを処分する方法はいろいろありますが、なるべくなら費用をかけずに処分したいものです。

そこで、粗大ごみとして収集してもらうのと、廃品回収業者に引き取ってもらうのとで費用や手間を比べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




粗大ごみとして収集してもらう

マットレスのように1辺の長さが30センチ以上あるものを捨てるには、自治体の定める方法に従って粗大ごみとして収集してもらわなければなりません。

粗大ごみとして捨てるには収集の依頼や処理券の購入など手間がかかりますが、マットレスの処分費用としては比較的リーズナブルに利用できます。

なお、お住まいの自治体によって粗大ごみの収集方法は異なるので、捨てる前に必ず自治体に確認しましょう。

ここでは一般的な粗大ごみ収集の依頼方法を見ていきます。

まず、お住まいの自治体の粗大ごみ受付に電話やネットから申し込みます。

捨てる物の品目と大きさを伝える必要があるので、あらかじめマットレスのサイズを測っておきましょう。

収集を依頼すると、収集日や収集場所、費用などを教えてくれます。

収集場所に直接持ち込める自治体もありますが、事前に粗大ごみ処理券を購入しなければならないところもあるので注意してください。

粗大ごみ処理券はコンビニやスーパーなどで販売しています。購入した処理券に依頼時に教えてもらう受付番号などを記入し、処分するマットレスに貼り付けてください。

あとは、それを粗大ごみの収集日に指定の場所に持って行くだけです。

収集場所まで自分で持って行かなければならないのは手間ですが、収集手数料の安い自治体なら数百円程度でマットレスが処分できます。

なお、収集手数料は自治体によってかなり差があるため、500円以下で収集してくれる自治体もあれば、2000円ぐらいかかるところもあります。

ごみ処理場に持ち込んで処分してもらう

自分でマットレスをごみ処理場に持っていくことで、引き取って処分をしてくれます。

地域差がある場合がありますが、燃やせる粗大ごみであれば、1000~2000円ほどで回収してもらえるでしょう。

ただし、スプリングマットレスは別計算の自治体もあります。ご自身がお住いの市区町村の案内を確認し、いくらかかるのか事前に確認しましょう。

マットレスという大きなものを、都心から離れたところにある処理場まで運ぶため、車などは必須です。確実に引き取って処分してもらえますが、多少時間や労力はかかってしまいます。

廃品回収業者に引き取ってもらう

粗大ごみとして処分するには、ごみの収集場所まで自分で運搬しなければならないのが手間です。

大型のマットレスなら、高齢者や力の弱い女性などでは自宅から運び出すのも一苦労でしょう。

そんな方には廃品回収業者に引き取りを依頼する方法が便利です。自分で運び出す必要がなく、業者が自宅まで引き取りに来てくれます。

ただ、廃品回収業者に依頼する費用は、粗大ごみの収集手数料よりかなり高くなることが多いです。

引き取ってほしいマットレスの種類や大きさだけでなく、お住まいが一戸建てかマンションの上階かなど状況によっても費用は変わります。

事前に見積もりを出してくれる業者を利用しましょう。

また、業者の選び方にも注意です。なかには引き取ったものを不法投棄するような悪質な業者も存在します。

不法投棄された場合、それが自分の所有物だとわかるとトラブルに見舞われてしまいますから、廃品回収業者を選ぶ際は、一般廃棄物許可証を持つ業者かを確かめてください。

なお、マットレスの引き取りの費用ですが、1万円以上かかる業者が多いです。

粗大ごみよりかなり高くなりますが、あまり安い業者は違法業者の可能性があるのでおすすめできません。

分解して家庭ごみとして捨てる

ここまで見てきたように、マットレスは廃品回収業者に引き取ってもらうとかなり高額な費用がかかることがわかりました。

粗大ごみとして収集してもらうのなら、お住まいの自治体によってはかなり安くなります。

ただ、自治体によっては2000円ぐらいかかるところもあるので、なるべく費用をかけたくないのであれば、これから紹介する方法も検討してください。

それは、自分でマットレスを分解して家庭ごみとして捨てる方法です。

マットレスは、布、クッション、バネなどのパーツで作られています。

バネを切断するには専用の道具が必要ですが、バネ一つのサイズなら不燃ごみとしてふつうに捨てられるので、マットレスの種類によっては布やクッション材を切るためのハサミやカッターがあれば素人でも分解できるでしょう。

ウレタンや樹脂製のマットレスなら、金属のバネもないので、ごみ袋に収まるサイズまでカッターなどで切り刻んでいけばよいだけです。

バネが連結されているボンネルコイルスプリングというタイプのマットレスだと、連結されたバネを切断しなければならないため、金属カッターなどを用意しておく必要があります。

ものによっては、分解するための場所、時間、労力が相当かかりますが、ごみの収集場所までマットレスを運搬できるだけの体力がある人なら検討する価値のある方法です。

少しでも処分費用を抑えたいという人に向いているでしょう。

まとめ

マットレスの処分費用を抑えるなら、自分で分解して家庭ごみとして出すのが一番です。

ただ、分解に必要な場所、道具、手間、体力などを考えると、できない方もいるかもしれません。

その場合は粗大ごみとして収集してもらうのが理想です。

自分で運ぶ必要はありますが、廃品回収業者を利用するよりはるかに安く処分できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク