マットレスの価格と品質は比例するのか?

アイキャッチ画像価格と品質

家具屋さんや寝具専門店などでマットレスを比較してみると、実に価格の差が大きいことが分かります。

安いものであれば1万円程度で見つけることができますが、高いのとなると20万円を超えるような商品もあります。

もちろん、見た目にも違いが出ることもありますが、それほど見た目と価格の差というのは感じられないこともあります。

むしろ、シンプルで薄いものがとても高価であることもあり、ぱっと見でマットレスの質の良さを見極めたり、価格が妥当かどうかを判断するのは難しいと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マットレスの価格の差はどんなことで出るのか?

マットレスの価格の差は、まず素材の違いによって生まれます。

メーカーごとに特徴的な素材を使っていますので、どの素材が一番高いかというのは難しいところですが、やはり新素材を使っているものは値段も高くなる傾向があります。

たとえば、樹脂製のクッションを使っているものは、大量に生産されている素材でないということもあって、全体的に高い値段がつけられていることが多いものです。

実際に、体圧の分散のバランスや通気性の良さ、軽さなどから人気も高く、それなりの価値があると言えます。

また、特殊加工されているウレタン素材も高くなる傾向があります。

特に高反発の厚みのあるウレタンの場合は、耐久性が良いことや安定感のある寝心地の良さがメリットで、高級ブランドが採用しているケースが多くなっています。

素材という面で見ると、やはり新素材の原料費の高いマットレスは質も良く、睡眠の質を上げるのに役立つという結論に至ります。

マットレスの構造も価格に差をもたらす

素材の他にマットレスの価格に影響を与えるものと言えば、その構造が挙げられます。

マットレスはコイルを使ったスプリングを入れているものと、スプリングを使わないクッション素材のみのものとがあります。

どちらが良いとは一概に言えませんが、スプリングを使ったものの方が、加工のバリエーションが広がり、硬い柔らかいの違いを付けやすいので、よりそれぞれの好みに合わせて質を向上させやすいというメリットがあります。

また、高価なクッション素材を大量に使わなくても心地の良い感覚を作りやすいので、価格を抑えつつも良いマットレスができるというのも特徴です。

一方で、スプリングを使わないでウレタンなどの素材を詰めたものは、原料費が高くなりますので、全体的に製品価格も上がるという傾向が見られます。

品質は全体的に安定していますが、どうしても構造上の変化を付けづらいので、柔らかい硬いという細かな寝心地の感覚を変えるのが難しいと言えます。

ただし、このタイプは耐久性がありますので、多少購入価格が高くても長く使えるという観点で見ると、長期的にお得となるとも考えられるでしょう。

このように、マットレスの構造という面では、価格がダイレクトに寝心地の良さに反映されるというわけではなく、硬さ柔らかさの好みや耐久性によって変わってくるということになります。

ブランドによる価格の違いも大きなものがある

マットレスは有名ブランドに人気が集中する傾向があり、しかもブランド力が高いところほど価格が全体的に高くなっているものです。

もちろん、どのブランドも質の高さを売りにしていますが、それぞれの価格に見合った質のレベルがあり、ある程度クラス分けができています。

それだけ市場の評価もきちんとなされているということで、高い価格設定をしているブランドの商品はやはり質は高く、安さを前面に出しているブランドの場合は、それなりの質ということになります。

というのも、マットレスの素材や構造の工夫というのは、かなり研究され尽くされている感があり、それぞれのブランドの歴史や実績というのがはっきりと出るからです。

もちろん、新進気鋭のブランドが新しい素材や構造を生み出して画期的な商品を出すということもありますが、老舗ブランド、有名ブランドの安定感というのは無視できないものがあるのです。

ある程度予算が許すのであれば、やはり知名度が高くたくさんの人に愛されているブランドのものを選ぶのが間違いがない方法だとも言えます。

たいがいの場合価格と品質は比例すると考えて良い

こうしてみると、マットレスの価格というのは、素材やブランドによって大きく左右されることが分かります。

やはり、良い素材を使ってしっかりとしたブランドの技術を用いて作ったマットレスはレベルが高く、寝心地が非常に優れている傾向があるのです。

そして、良い素材というのは概して原料費が高くなりますし、ブランドの高い技術とち密な製造を実現するにはコストがかかります。

まとめ

こうしたことから、マットレスの分野では、価格と品質は総じて比例するという見方をすることができます。

もちろん、コストパフォーマンスの良い商品を作ろうとする企業努力もありますが、全体的な傾向としてはやはり価格と品質の比例関係はぬぐえないものがあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク