マットレスサイズの選び方!エアウィーヴは規格に沿った3種類がラインナップ

マットレスサイズの選び方!エアウィーヴは規格に沿った3種類がラインナップアイキャッチ画像

店舗にマットレスを見に行くと、いろいろなメーカーから様々なサイズのものがラインナップされています。

マットレスの中にはシーツがセット販売されているものがありますが、基本的にはどのメーカーでもサイズは規格に沿っているので変わりません。

ここでは、マットレスのサイズについて、賢い選び方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マットレスのサイズには規格があります

マットレスはたくさんのメーカーから多種多様な素材や特徴のものがラインナップされていますが、サイズという点では規格があるのでどのメーカーのものを購入しても、大きさは変わりません。

この規格は世界共通というわけではなく、日本ではJIS規格が採用されています。

JIS規格によると、マットレスのサイズにはたくさんの種類があります。

よく知られているのはシングル(S)やセミダブル(M)、そしてダブル(D)ですね。

シングルの場合には幅は850mmで長さは1950mmとなっています。

サイズが変わってもマットレスの長さは基本的に変わることはなく、どのサイズでも1950mmとなっていますが、サイズによって幅が変わります。

セミダブルになると、シングルよりも150mm広くなった幅1220mmとなり、ダブルではさらに広くなって幅1400mmとなります。

こんなサイズ、知ってましたか?

JIS規格には、これ以外にもサイズが規格されていることはご存知ですか?

シングルよりも幅が狭いセミシングル(SS)は幅が850mm、一般的なシングルよりも幅が若干広めのワイドシングル(WS)では幅は1100mmとなります。

ダブルでも、ダブルサイズよりもやや幅広のワイドダブル(WD)は幅1540mmとたっぷりありますし、さらに幅広なクイーンなら幅1700mm、そして幅が最大の1940mmとなるキング(K)も規格されています。

欧米に行くと住宅事情が異なるのでクイーンやキングが一般的ですが、日本でクイーンサイズやキングサイズを部屋に置きたい場合には、部屋の広さをよく考えてから決めなければいけません。

エアウィーヴは人気の3サイズがラインナップ

エアウィーヴは人気の3サイズがラインナップ

ジャパネットのエアウィーヴは、JIS規格に沿ったマットレスサイズの中でも人気の3サイズ、シングル、セミダブル、そしてダブルの3種類がラインナップされています。

サイズはJIS規格の通り、シングルは970mmx1950mmとなり、セミダブルなら1220mmx1950mm、ダブルでは1400mmx1950mmとなっています。

エアウィーヴの正規品では、これ以外にもエアウィーヴオリジナルのエクストラロングというサイズがラインナップされていて、こちらは長さが2100mmとかなり長めなのですが、JIS規格にはないサイズなのでシーツを選ぶ際には難しいかもしれません。

しかしジャパネットのエアウィーヴなら、どのサイズを選んでもJIS規格に沿ったサイズとなっているので、市販のシーツや汗パッドを使うことができます。

マットレスのサイズはどんな風に選べばよい?

マットレスのサイズ選びは、基本的には1人ならシングルサイズ、2人ならダブルサイズが目安となります。

しかし、1人でも寝相が悪い人ならシングルサイズは窮屈だと感じるかもしれませんし、赤ちゃんや幼児に添い寝する家庭なら、シングルサイズよりも少し広めのセミダブルの方が快適に感じる事でしょう。

また、夫婦で同じマットレスで寝る場合でも、相手が寝返りを打つたびに自分も目が覚めてしまうというのでは快眠ができませんから、ダブルサイズよりも広いワイドダブルやクイーンサイズなどを希望する人もいます。

マットレスには様々なサイズがありますが、どのサイズが自分に合っているかはライフスタイルやライフステージ、自分の好みや希望、条件などによって異なります。

それに、住宅事情によっても部屋に入る大きさは限られてきます。

マットレスを選ぶ際には、まず部屋の大きさに対するバランスを考えることから始めましょう。

もしもマットレスをひろげると足の踏み場がなくなってしまうような場合には、エアウィーヴのように折り畳みができる敷布団タイプのマットレスを選ぶという方法もあります。

そして、具体的に自分がそこで寝ている姿をイメージしながら、サイズ選びをしていくのがおすすめです。

まとめ

マットレスには規格があり、日本ではJIS規格に基づいてサイズが決められています。

海外からの輸入品などは規格が異なる場合があり、その場合にはシーツなどを選ぶ際にサイズの面で商品選びが難しくなってしまうことがあります。

ジャパネットオリジナルのエアウィーヴは、JIS規格に基づいてシングル、セミダブル、ダブルの3サイズがラインナップされているので、ライフスタイルやライフステージに合わせてピッタリのサイズを選ぶことができます。

敷布団タイプで1枚で使えるので、部屋が狭くて大きめのマットレスを置くことに抵抗がある家庭にもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク