マットレスの柔らかさを決めるスプリングの違いとは?

アイキャッチ画像マットレス柔らかさ

マットレスに横たわった時の感覚というのは、それぞれの商品やブランドによってかなり違うものです。

柔らかく優しく体を受け止めてくれるものや、適度な硬さがあって寝姿勢をまっすぐにしてくれるものなどがあります。

その感覚を決める要素はいろいろありますが、スプリングの違いもとても大きな差を生み出しますので、マットレス選びの際の参考にすることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スプリングの形状によって変わるマットレスの柔らかさ

スプリングの形状マットレスの柔らかさ

スプリングの形状によって、硬さや一緒に寝ている人への振動の伝わり方、体圧の分散の仕方などが変わってきます。

それぞれのスプリングの形状にメリットデメリットがありますので、その違いを見極めて、自分たちに合ったマットレスを選ぶことが肝心です。

ボンネルコイルマットレスの特徴と長所短所とは?

最も一般的なスプリングの形状として、ボンネルコイルマットレスというものがあります。

これは、上下に網のようにワイヤーが連結されていて、その上下の網の間にコイル状のスプリングが着いている状態です。

上下の網は一体化していますので、一か所に圧力をかけると全体に動くという特徴があります。

このボンネルコイルマットレスのメリットとしては、上下のスプリングの部分の通気性が良いため、湿気がこもりづらく夏でも比較的すっきりとした感じで眠れるという点が挙げられます。

また、マットレスの表面が一枚の網状になっていることから、体を面で支える形になって寝転がった時に硬めに感じられるという特徴もあります。

あまり体が沈み込まず硬めのマットレスが好みという人には心地よく寝られる形状と言えるでしょう。

また、もう一つのスプリングタイプであるポケットコイルマットレスよりも、構造が簡単であるため安く作れるというのも一つのメリットです。

よりお得に購入できますので、予算を抑えたい人により向いています。

もちろん、しっかりとしたクッション素材を使っている商品の場合は、柔らかさも強くなり価格も高くなりますので、高級マットレスにも対応できるという柔軟性を持っています。

一方で、このボンネルコイルマットレスは面で体を受け止めますので、一部分が沈むと他の部分も連動して動くという面があります。

そのため、二人で寝る時などは、一人が寝返りを打ったり動いたりすると、マットレス全体が動いてしまって眠りが妨げられるという問題が出ることがあります。

また、マットレスの中でいつも同じ場所で寝ていると、その部分だけが沈んでしまって年数が経過するとかなり寝づらくなるという点もあります。

ポケットコイルマットレスの構造とメリットとは?

ボンネルコイルマットレスに対して、ポケットコイルマットレスというタイプのスプリングもあります。

これは、一つ一つのコイル、もしくはスプリングが袋の中に入っていて独立した構造になっています。

ボンネルコイルマットレスは、面で体を受け止めるのに対して点で受け止めるのがこのスプリングの特徴と言えるでしょう。

コイルの巻き方にもよりますが、全体的に柔らかくなるのが特徴です。

また、他の部分に振動が伝わりづらいので、二人で寝ていてももう一人の動きがあまり気にならないというメリットがあります。

また、体の部位ごとに体重を受け止めてくれるため、体の形や重さに見合った沈み方をしてくれて、体圧を上手に分散してくれるというのもこのスプリングタイプの良いところと言えます。

全体的に見ると、とても柔らかさがあるタイプで、質の高いマットレスではポケットコイル構造を採用しているケースが多くなっています。

一方で、一つ一つのコイルを袋で包んでいるため、どうしても通気性が悪いという傾向があります。

その分、夏の時期などは蒸れた感じが強くなって暑さによる寝苦しさがひどくなってしまうことがあります。

また、このポケットコイルタイプは製造工程が多くなるため、若干価格が高くなるというのも一つのデメリットです。

全体的な寝心地は柔らかめですので、硬めのマットレスが好きという人にはちょっと合わないこともあります。

この特徴を見ながら自分に合っているかどうかを、実際に横になるなどして確かめてみると良いでしょう。

スプリングを使わないタイプのマットレス

スプリングを使わないマットレス柔らかさマットレス

ベッドに載せるものとしては上記のようなスプリングが入っているマットレスが主流ですが、スプリングが入っていないものもあります。

ウレタンなどの素材のみを使っているノンコイルタイプマットレスと呼ばれるものです。

軽くて薄いので持ち運びが楽であることや、既存のマットレスの上にさらに敷いてよりクッション性を高めるなどの使い方ができます。

また、畳の上に敷いて直に寝るという方法をとれるのもメリットの一つです。

まとめ

一方で、素材によっては寿命がちょっと短くなってしまうことや、通気性が悪いこともあります。

また、厚みがない分単体ではクッション性が小さく、スプリングタイプに慣れている人だと物足りないこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク