マットレスの理想の硬さとは?

マットレスの理想の硬さとは?

マットレスを購入する方の多くは、布団やベッドにはない柔らかい感触を期待している傾向が見られます。

柔らかいほうが寝心地がよく、クッション性もよいので、疲れをとることができるイメージがあるからです。

体を包み込む柔らかさがあったほうが就寝中の姿勢が安定しやすいイメージもあるのでしょう。

しかし、マットレスを柔らかさだけで選んでしまうと失敗してしまう恐れもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マットレスの硬さで注意したい腰の位置

硬すぎるマットレスだと心地よい寝心地が失われてしまいますし、就寝中に何度も寝返りを打ってしまい、一部の筋肉に負担をかけて疲労を解消できないといった問題も出てきます。

ただ、逆に柔らかすぎることでも大きな問題が出てくるのです。

しかも柔らかすぎるマットレスは、硬いものと比べて、体への負担が気づかないうちに蓄積していくことも多いため大変厄介です。

まず、注意したいのは腰の位置です。

柔らかすぎるマットレスは横たわったときに腰が沈み込んでしまうこともあります。

あまり深く沈みこんでしまうと腰を曲げたような姿勢になるため、不自然な状態での就寝を強いられてしまいます。

いわば猫背の状態で6~8時間眠り続けるようなものなので、腰への負担が非常に大きくなってしまうのです。

マットレスを選ぶ際には、腰が沈み込み過ぎないかどうか、横たわったときの背中と腰、下半身の位置関係をしっかり把握した上で判断しましょう。

この点は身長や体重とも関わっていて、人によって異なってくる部分なので、あくまで自分で判断することが大事です。

モットンは硬さを選べる!

こうした硬さ・柔らかさ・弾力性の問題を考慮したうえで、モットンでは体重や好みに合わせて3種類の硬さを用意しています。

これは体重ごとに体圧分散測定をしたうえで開発されたもので、「100N」「140N」「170N」の3段階が用意されているのです。

この3種類の選択は、基本的に本人の体重に併せて行う形となります。

メーカー側では体重45キログラム以下では100N、46~80キログラムでは140N、80キログラムでは170Nを推奨しています。

ですから多くの方は140Nが該当する形となりそうですが、プラスして好みも踏まえたうえで判断する形です。

この選択は体重だけでなく体型によっても左右されまし、好みの問題も出てきます。

小柄で体重が多い人は柔らかめの100Nの方がフィットしやすく、固めの感触が好きな方は体型・体重を問わず170Nの方が向いているでしょう。

こうした融通が利く点もモットンの魅力のひとつです。

ただ、こうした選択は事前に判断するのが難しい面もあります。

そんな場合に備えてモットンでは1回に限るものの、硬さが合わなかった場合には送料の負担のみで交換するサービスも用意しているので、購入後に万が一硬さが合わなかった場合でも安心です。

もうひとつ、モットンでは寝心地のよさも追求しており、従来のマットレスに比べて厚みのある設計となっているのもポイントです。

通常のマットレスの厚みは4センチ程度ですが、モットンではその倍以上、10センチもの厚みになっているのです。

これによって、横たわったときに体を優しく押し上げてくれるような寝心地を実現しています。

実際に試してみると、これまでのマットレスとは違う柔らかさと、適度な弾力性を実感できるのではないでしょうか。

敷布団が必要なく、マットレスならではの柔らかさや適度な弾力性を十分に味わいながら利用できる点も、モットンの大きなメリットです。

10センチの厚みが体にしっかりフィットすることで仰向け、横向けなど姿勢を問わず理想的な姿勢をキープしたままで眠ることができるので、寝ている途中に特定の部位に負担がかかって翌日痛みが残る、かえって疲れがたまってしまっているといった問題も少なくなります。

長時間理想的な姿勢で、心地よく睡眠を続けることができるのです。

この寝姿勢を確保しやすいモットンのメリットには、横たわったときの体の接触面積が広い点も挙げられます。

マットレスでは単に柔らかく体を包み込むだけではなく、全体にバランスよく接触して体にかかる負担をうまく分散させることが大事なのですが、モットンはこの点が非常に優れており、肩から背中、腰、お尻にかけてバランスよく負荷がかかることでよい姿勢を維持できる形になっています。

普通のマットレスでは浮き上がりやすい腰のくびれ部分もしっかり支えることができるので、腰痛の予防・改善に優れている点も見逃せないのでしょう。

この腰のくびれ部分がうまく支えられていないと、全体の姿勢が不安定になってしまう部分もあるため、モットンと他のマットレスを比較する際の重要なポイントにもなるでしょう。

まとめ

朝起きたときに体に疲れが残っている、肩や腰が重いといった悩みを抱えている方は、就寝中の姿勢や寝返りに問題を抱えている可能性があります。

今回取り上げたモットンの特徴はこうした就寝の悩みを解消してくれる特徴とメリットを備えた非常に良い選択肢といえるでしょう。

返金保証がついたお試し期間もありますから、まず実際にどんな感触なのか、使い心地はどうなのか試してみるとよいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク