スリープルの特徴や口コミ!こんな人は買ってはダメ

スリープルアイキャッチ画像
スリープル マットレスの特徴や口コミから、買っていい人ダメな人を考えてみました。

商品スペックなども調べてありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スリープルについて

スリープルについて
まず、スリープルについて簡単に説明します。

スリープルは『目が覚めたとき、本当の自分になれる』というコンセプトのもと、マットレスなどの寝具を販売しているメーカーです。

とくに人気の高いFuton Style超極厚17cm敷布団は、特殊素材のアキレス社製凹凸瞬反発フォームが固綿アルファCVマットを挟む形で、体をしっかり支えてくれます。

ボリューム感ある17cmの厚さは、10層の素材が重なり合って作られています。

そのため、効率的に体圧分散ができるので、腰への負担が軽減され、疲れが取れやすいということです。

スリープル価格について

スリープル価格について
スリープルの価格についてです。

こちらでは、Futon Style超極厚17cm敷布団シングルを紹介します。

通常価格では36,112円(税抜)ですが、公式ホームページからのお買い物で特別価格になるようです。

ただ送料が5,200円かかるらしいのが、ちょっとイタイですね……

送料は基本的に無料のようですが、Futon Style超極厚17cm敷布団は対象外のようでした。

ちなみに、楽天にもありましたよ!

楽天だと通常価格+送料なので、結局公式ホームページから買うのが一番お得のようですね。

>>公式サイトはこちらです

スリープルの保証について

スリープルの保証について
スリープルの保証についてです。

公式ホームページをくまなく探してみたのですが、『保証』の二文字を見つけることができませんでした

Futon Style超極厚17cm敷布団に関しては完全受注生産品のようなので、返品も難しそうです。

寝心地を試してから購入ということができないので、イチかバチかの賭けになってしまいます。

スリープルの寝心地について

スリープルの寝心地について
スリープル Futon Style超極厚17cm敷布団の寝心地を検証します。

なんといっても厚さが17cmもあるから、床が全然気になりません。

特殊素材の瞬反発の力で、体を点で支えて押し返します。

さらに体圧分散も、マットレスと接する筋肉が緊張しないようにしっかりと計算されているのです。

メーカーではこれを『無重力の寝心地』と表現しています。

通気性と保温性を両立させる素材や、衛生機能と吸汗速乾機能など随所にこだわりを持ち、快適な寝心地をとことん追求している姿勢がうかがえます。

スリープルの耐久性について

スリープルの耐久性について
スリープルの耐久性について調べてみました。

メーカーホームページによると、製造は日本の工場で、熟練の布団職人が一つ一つ丁寧に手作りしているとのことで、品質は確かなようです。

素材である瞬反発フォームもヘタリにくさが特徴のようで、ウレタンマットレスにありがちなヘタリ問題もクリアできている印象です。

ただ一つ気になるのは、Futon Style超極厚17cm敷布団はどうやって乾燥させたらいいんでしょうね。

厚さが17cmもあるからベランダには干せないし、かといって立てかけるには大きすぎます。

いくら通気性に優れているとはいえ、布団乾燥機が必要でしょう。

スリープルのサイズについて

スリープルのサイズについて
スリープルFuton Style超極厚17cm敷布団のサイズです。

約100cm×200cm×厚さ17cmとなります。

重さは約7.4kgで、厚みの割には意外と軽いかなという印象ですね。

同じタイプには、もう1サイズアップのセミダブルがあります。

スリープルの口コミ

スリープルの口コミ
スリープル愛用者の口コミを紹介します。

こちらに紹介する口コミは個人の感想なので、すべての人に当てはまるとは限りません。

・20代 男性

低反発は体が痛くなるし、高反発も合わなかったので、瞬反発って聞き慣れない言葉に惹かれて購入しました。

ぶ厚いだけあって寝心地は悪くないですが、メーカーがいうように無重力の寝心地でもないです。

反発力に関しては正直あまりよく実感できません。

これだけ厚いんだから、それなりの硬さはあるよなって感じです。

・30代 男性

届いた時にあまりに小さかったので驚きましたが、開封したらムクムク膨らんで普通のマットレスに変身しました。

普通のマットレスよりもかなりゆったりサイズなので、寝返っても余裕です。

まるで、ベッドのマットレスみたいな厚みがあります。

100kg近い私のカラダでも沈みません。

このまま長持ちしてくれることを祈ってます。

・40代 女性

中綿に、防ダニ抗菌機能がある素材が使われているということでスリープルを子供用に買いました。

ただ、たためないし、安定感がないから立てかけられないし、ずっと敷きっぱなしになってしまうのが気になります。

あと、子供がおねしょしたときに干せないのも困りますね。

子供用にと買いましたが、小さい子供には向かないと思います。

・50代 女性

マットレスの中身が、ムアツ布団みたいに凸凹になっているというので期待してたのですが、ムアツのようなボコボコ感はありませんでした。

凸凹を挟むように、また別の素材が重なっているそうですね。

だったら半分の厚さでいいので、せっかくのデコボコ構造が感じられるような作りにしてほしいです。

・60代 男性

分厚いだけで、これといった特徴のないマットレスだと思いました。

素材にこだわっているというウリでしたが、そこまでの良さが感じられなかったのが残念です。

アキレスとかテイジンなど名だたるブランドの素材ということで期待していたのですが。

あと、もう少し硬い寝心地でもいいんじゃないかと思いました。

口コミからわかったことは、

  • 厚みがある
  • 普通のマットレスよりゆったりしている
  • 防ダニ抗菌機能がある
  • 敷きっぱなしになってしまう
  • 干せないから小さい子供には不向き
  • せっかくの素材の良さを実感できない

このようなことです。

やはり、17cmの厚さに圧倒されている人が多いようですね。

ただ、肝心の機能性に関してはそれほどの実感がなかったという声が目立ちました。

また、たためないし立てかけられないため、敷きっぱなしになってしまうというデメリットもあるようです。

そのため、スペースに余裕のないお部屋には向かないかもしれません。

スリープルが向いている人・向いていない人

スリープルが向いている人・向いていない人
スリープルが向いている人と向いていない人をまとめました。

向いている人

  • 体重が重い人
  • 分厚いマットレスで寝たい人
  • 防ダニ抗菌を重要視している人

向いていない人

  • 部屋が狭い
  • 保証制度が欲しい人
  • 高反発が好きな人

このような感じでしょうか。

自分がどのようなタイプかなと考えてみて、果たしてスリープルを買うにふさわしいかどうか、ジャッジしてみてください。

公式サイトはこちらです

スリープルまとめ

スリープルについて、あらゆる面から解説してきましたが何となくおわかりいただけましたでしょうか。

買っていいのは、「ボリューム感のある厚いマットレスが好きな人」であり、逆に買ってはいけない人は「素材だけでなくプラスアルファの機能性が欲しい人」ではないかと思います。

スリープルの素材へのこだわりは伝わるのですが、その良さをいまいち実感できにくいという声が気になりました。

ただ、日本製でこれだけボリュームのあるマットレスがこの価格で買えるのはかなりお値打ち品であることは、確かです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク