背中の痛みと肩こりの原因はマットレス?!

「枕が合わないと寝られない」という人は多くいますが、実のところ枕以上に大事な要素と言えるのがマットレスでしょう。

体のすべての部分を支える寝具ですので、マットレスの素材や作りによって大きく睡眠の質が変わってくるからです。

マットレスを変えたところ、かなり睡眠が深くなって朝起きた時のスッキリ度が違う、短い睡眠でも十分になったという人は多くいるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




理想的なマットレスとはどんなもの?

体に合ったマットレスを購入するというのはとても大事ですので、じっくりと考えてから選ぶようにしましょう。

理想的なマットレスの条件と言えるのは、まず体圧を適度に分散してくれるものです。

体のそれぞれの部位は重さが違いますので、横になるとどうしても一部分が沈み、軽い部分は浮いた状態になります。

そのバランスが悪いと、無理な姿勢で寝ることになり睡眠の質が下がってしまうのです。

具体的には、胴体に臓器が集中していて重いので、背中がより沈み、足の部分が浮いてしまうことになります。

こうしたことから背中の痛みが生じやすくなるのです。

さらに、頭も重い部分ですので、体圧が分散されないと、首の痛みや肩こりがでやすくなってしまいます。

こうしたありがちな不快感、痛みを回避するためにも、体圧分散のバランスの良いマットレスを選ぶことは大事なのです。

背中の痛みを解消するマットレスの選び方

朝起きた時に背中が痛みやすい、もしくは固まっている感じがする場合、マットレスが自分に合っていない可能性があります。

その一つの原因としては、上記のように体の重みによってマットレスにかかる負担がアンバランスになってしまい、姿勢が悪い状態で寝ているということが考えられます。

すると、長時間同じ姿勢でいるのが不快になりますので、寝返りを頻繁に打つようになります。

寝返りを無意識のうちにたくさん打つと、睡眠が浅くなります。

また、横向きになるなどして体の一部に余計に力がかかる姿勢を取る時間が長くなります。

結果として、背中の痛みや不快感が出やすくなってしまうのです。

そのため、マットレスを選ぶ時には、若干硬めのものを選ぶのが良いでしょう。

高反発マットレスなど硬めのものだと、しっかりと胴体部の重みも受け止めてくれますので、無駄な背中の沈み込みがなくなり背中の不快感を解消することができます。

今まで柔らかめのマットレスを使っていて、急に硬めのマットレスに替えると腰や背中が痛くなることがあります。

しかし、これはゆがんでしまっていた体が対応できずに生じる痛みですので、1~2週間すると自然と消えていくことが多いものです。

その後は、体がきれいな姿勢になりますので、よりぐっすりと眠れるようになります。

首の痛みがある時に考えるべきこと

寝る時の姿勢が悪いと、首の痛みや重さが出てきてしまうことがよくあります。

この問題は枕が合っていないケースがありますので、まずは枕を替えてみるのが問題解決の近道です。

ちょっと低めの枕にしてみる、低反発素材の柔らかめのものにしてみるなどの変化を付けてみて、首の痛みが解消されないか見てみましょう。

もし、枕をいくら替えても首の違和感がなくならないようであれば、マットレスを替えることも検討できるでしょう。

首の痛みや不快感が生じる原因はかなり人によっても異なりますので、一概にどのマットレスが良いというのは言えませんが、低反発マットレスを試してみる価値はあります。

低反発マットレスは心地よい柔らかさで体全体を受け止めてくれ、特に肩と頭の部分の負担をやわらげてくれます。

適度にマットレス自体が沈み込んでくれて、無駄な力を首にかけないので、より心地よく寝られるようになります。

さらに、横向きの状態になっても肩から首にかけての負担を減らすことができますので、より良い姿勢が取れます。

こうしたメリットを考えて、低反発マットレスを使用してみるのも良いでしょう。

枕とマットレスの組み合わせを考えることも大事

このように、マットレスを替えることによって背中や首、肩にかかる負担が変わってきて、痛みや不快感、だるさを解消することにつながります。

しかし、マットレスだけでは十分な効果を得られないことがあります。

そのような場合は枕との相性を考えてみましょう。

マットレスが柔らかめなのに枕が硬めで高いものを使っていると、背中や腰がより沈んでしまい、首や頭が浮いて固定されてしまいます。

すると、首もしくは肩に大きな負担がかかってしまって、首の痛みや肩こりを引き起こしてしまうことがあります。

まとめ

人によって頸椎の形やクセは違いますので、どの組み合わせが一番かというのははっきりとさせづらいところですが、やはりマットレスと枕の材質を合わせることは大事です。

ちょっとしたことで寝心地の良さは随分変わるものですので、マットレスと枕の組み合わせをいろいろ試してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク